HDDデータ復旧業者のおすすめ

ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除した時の復元方法を解説

aレコーダーのデータは普通のHDDやSSDに保存しているデータと比較して復旧難易度が高いので、自力で復旧するのはほとんど不可能です。どうも、ブルーレイレコーダー大好きマクリン( @Maku_ring)です。

ブルーレイレコーダーは、BD-Video・DVD・Blu-ray Discなどに記録されたデータを出力することが可能ですが、誤ってデータを削除してしまうと、保存していたデータにアクセスできなくなります。

ブルーレイレコーダーのデータは復旧難易度が高いので、自力で復旧するのはほとんど不可能です。

僕もデータにアクセスできなくてすごく困った経験があるよ……。削除したデータを復元するにはどうしたらいいんだろう?
完全に復旧できないわけではないよ!

同僚

本記事では、ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除した時の復元方法を解説します。

【2024年】データ復旧業者のおすすめ5選!技術力・料金・評判を徹底比較
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

ブルーレイレコーダーから削除したデータはすぐに復元することを推奨

ブルーレイレコーダーから誤って削除したデータは、削除してすぐであれば復元できる可能性があります。

データを削除してから復元しないままブルーレイレコーダーを使用し続けると、削除したデータが保存されていた領域に新しいデータが上書きされていきます。

一度上書きされてしまうと、保存されていたデータの情報も削除されるため、データを復元できなくなります。

 

ブルーレイレコーダーから誤って削除したデータを復元する方法

ブルーレイレコーダーから削除したデータを復元する方法は主に2つに分けることができます。

データ復元ソフトを使用して復元する

ブルーレイレコーダーから誤って削除したデータは、データ復元ソフトから復元することができる可能性があります。

ただし、ブルーレイレコーダーのデータは保存時に暗号化されるものが多く、データを復元することは自力では難しいです。

データ復元ソフトで復元できるケースはほとんどないため、基本的にはデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

ブルーレイレコーダーの復旧が可能なデータ復旧専門業者に依頼する

確実にデータを復元したい場合には、データ復旧業者に相談してデータを復旧してもらうようにしましょう。

ブルーレイレコーダーを復旧可能なデータ復旧業者は国内でも限られているため、対応が可能かどうか調べてから相談してください。

 

おすすめのデータ復旧業者

レコーダーの復旧に対応しているデータ復旧業者は国内に100社以上存在するデータ復旧業者の中でも一握りの業者に限られます。

そのわずかなデータ復旧業者の中でも、レコーダーの復旧実績が豊富で復旧率が高い、選りすぐりの1社を紹介します。

選定基準は以下のとおりです。

Point
  • データ復旧率が高い
  • レコーダーの復旧実績が豊富
  • レコーダーの暗号化の解除実績がある

おすすめのデータ復旧業者の選び方は以下の記事でも解説しています。

今回レコーダーのデータ復旧を依頼する上でおすすめするのは、デジタルデータリカバリーです。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、14年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧・復元業者です。

復旧率も95.2%と業界最高水準をほこり、外付けHDDの復旧実績も多数あるため、技術力は申し分ないといえます。

また、復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。

レコーダーの復旧実績も豊富ですので、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへ相談するのがよいでしょう。

SNS上でも、実際に利用して復旧できたユーザーの声が多く、信頼できるサービスであることが分かります。

CHECK NOW
 

ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除した時の注意点

ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除した時の注意点は以下の3つです。

データを削除してしまった後はむやみに操作しない

ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除してしまった場合は、むやみに操作をしないようにしてください。

データが削除されると、その領域は新しいデータで上書きされるまで保持されます。

誤った操作や新たな録画を行うことで、削除されたデータが完全に失われるリスクが高まります。

データ復元ソフトで自力で復元しようとしない

データを誤って削除してしまった場合、データ復元ソフトを使って自力で復元を試みることは避けましょう。

ブルーレイレコーダーは一般的なパソコンとは異なるファイルシステムを使用していることが多く、市販のデータ復元ソフトでは対応しきれない場合があります。

誤ったソフトウェアの使用は、復元可能だったデータをさらに損傷させる可能性があります。

データを削除した時はなるべく早く復元する

データを削除してしまったら、なるべく早く復元作業を開始することが重要です。

時間が経過するにつれて、新しいデータが上書きされるリスクが高まり、復元の成功率が低下します。

早めの行動が、失われたデータを取り戻すための鍵となりますので、迅速に対処することをおすすめします。

まとめ

今回は、ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除した時の復元方法について解説しました。

ブルーレイレコーダーのデータを誤って削除した時の復元方法で一番確実なのは、データ復旧業者に相談することです。

誤って削除してしまったデータを復元したい場合には、なるべく早くデータを復元するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です