ゲーミングPCのおすすめ

アーマードコア6(AC6)の必要スペックは?おすすめのゲーミングPCも徹底解説

2023年8月25日に発売された、アーマードコアシリーズの新作「ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON(アーマードコア6)」。

10年ぶりの完全新作にして過去最大のヒット作となっています。

アーマードコア6はさまざまなプラットフォームで遊べますが、繊細なグラフィックでメカを堪能するならPC版でのプレイがおすすめです。

せっかくなら必要スペックに合わせたPCでプレイしたい!

本記事では、アーマードコア6の必要スペックからおすすめのゲーミングPCまで徹底解説します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。株式会社makuri代表。プロフィール詳細

本記事のリンクには広告がふくまれています。

ARMORED CORE VI(アーマードコア6)はどんなゲーム?

まずは、アーマードコア6について解説します。

ロボットを自由に組み立てられる

アーマードコア6は、数百種類もの機体パーツ・武器を自由に組み替え、自分好みのロボットを作れるのが魅力。

武器はミサイルやレーザーライフルといったおなじみのものにくわえ、チェーンソーやバルテウスなどの新しいものもあります。

アクション性能やバランスを考えながら機体をカスタマイズしていく点は、アーマードコアシリーズの醍醐味でしょう。

自分だけのロボットがフィールド上を駆け回るのは、メカ好きにはたまらない…!

ダイナミックな本格アクション

メカならではのダイナミックなアクションを楽しめる点も、アーマードコアシリーズの魅力です。

機体の性能や機動力を存分に生かし、遠距離から至近距離までにわたる本格的なバトルが繰り広げられます。

高い火力・防衛で正面から激しく戦ったり、敵の隙をついて複数の武器で攻め込んだりと、プレイヤー次第で大きく左右する戦略性も特徴です。

超繊細なグラフィックでメカを堪能できる

これまでのアーマードコアシリーズのプラットフォームは、PS2・3やXboxのみでした。

しかし今作はPS5・PCでも遊べるため、性能をフルに生かした高画質でのプレイが可能です。

機体の隅々まで鮮明に描写されるほか、バトルシーンではロボットの躍動感や攻撃モーションがリアルになり、メカをより堪能できます。

アーマードコア6の最低・推奨スペック

アーマードコア6の必要スペックを紹介します。

公式の最低スペック

公式から発表されているアーマードコア6の最低スペックは以下のとおり。

CPUIntel Core i5-8400 / AMD Ryzen 5 2600
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650 4GB / AMD Radeon RX 480 4GB
メモリ12GB
最低スペック(引用: Steam

最低スペックとは「そのゲームを最低限遊ぶためのスペック」のことを指します。

GPUはエントリーモデル「GTX 1650」であり、アーマードコア6を軽く動かすのが限界なレベルです。

快適にプレイするなら、もう数ランク高い性能が求められるでしょう。

推奨スペック

公式の推奨スペックは以下のとおりです。

CPUIntel Core i5-10400 / AMD Ryzen 5 3600
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB / AMD Radeon RX 590 8GB
メモリ12GB
推奨スペック(引用: Steam

ただ、最低スペックとそれほど変わらず、動きの激しい戦闘シーンだと正直厳しめです。

次に紹介する「快適にプレイできるスペック」を参考ください。

快適にプレイできるスペック

当サイトで考える快適にプレイできるスペックは以下のとおりです。

CPUCore i5 13世代~
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060
メモリ16GB
快適スペック

アーマードコア6はPS5でも発売されるので、PS5の性能を大きく超えるRTX 4060以上のグラボだと安心でしょう。

これくらいの性能があればフルHDで100~144fpsを安定でき、アーマードコア6を快適にプレイできます。

アーマードコア6におすすめのゲーミングPC4選

アーマードコア6におすすめのゲーミングPCを4つ紹介します。

製品名特徴CPUGPUメモリSSD価格
NEXTGEAR
JG-A5G60
価格を抑えつつも60fps以上出したい人向けRyzen 5 4500RTX 406016GB1TB NVMe134,800円
GALLERIA
RM7C-R46T
フルHDで144fps以上を安定できるCore i7-14700FRTX 4060 Ti16GB500GB NVMe218,980円
G-Tune
DG-I7G7S
4Kで臨場感あふれるアクションを楽しめるCore i7-14700FRTX 4070 SUPER32GB1TB NVMe299,800円
GALLERIA
ZL7C-R47
出先でも快適に遊べるゲーミングノートCore i7-13700HXRTX 4070 Laptop32GB1TB Gen4297,980円
アーマードコア6におすすめのゲーミングPC4選

価格を抑えつつも60fps以上出したい人向け|NEXTGEAR JG-A5G60

製品名NEXTGEAR JG-A5G60
CPURyzen 5 4500
GPURTX 4060
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
価格134,800円
NEXTGEAR JG-A5G6T
NEXTGEAR JG-A5G60の特徴
  • 手が出しやすいエントリクラスーモデル
  • フルHD&60fpsでアーマードコア6を遊べる
  • 軽めのFPSゲームなら低設定&144fpsでプレイ可能
  • フルHD&144fpsは厳しい

NEXTGEAR JG-A5G60」は、価格を抑えたい人に最適のゲーミングPCです。

アーマードコア6をフルHD&60fpsで遊ぶことができ、それなりにきれいな映像でメカアクションを楽しめます。

エントリークラスながら性能はPS5以上で、軽めのゲームなら144fps程度でプレイ可能。

手が出しやすい価格なため、ゲーミングPCを初めて買う人にもおすすめ

フルHDで144fps以上を安定できる|GALLERIA RM7C-R46T

製品名GALLERIA RM7C-R46T
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB NVMe
価格218,980円
GALLERIA RM7C-R46T
GALLERIA RM7C-R46Tの特徴
  • お手頃価格のミドルクラスモデル
  • アーマードコア6をフルHD&144fps以上で遊べる
  • WQHDでも最低ラインの60fpsを叩き出す
  • ストレージが少ない

コスパ最強のミドルクラスゲーミングPC「GALLERIA RM7C-R46T」。

アーマードコア6をフルHD&144fps以上でプレイでき、WQHDだと60fps~を出せます。

動画編集などのクリエイター作業も快適に行えたりと、どんな用途でも柔軟に対応可能。

ひととおりのPCゲームを標準以上の環境で遊びたい人におすすめの1台です。

4Kで臨場感あふれるアクションを楽しめる|G-Tune DG-I7G7S

製品名G-Tune DG-I7G7S
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4070 SUPER
メモリ32GB
ストレージSSD 1TB NVMe
価格299,800円
G-Tune DG-I7G7S
G-Tune DG-I7G7Sの特徴
  • アーマードコア6を4K&60fpsで遊べる
  • 迫力満点のメカバトルを楽しめる
  • 最新ゲームも難なくプレイ可能
  • 高解像度 or 高リフレッシュレートでのゲーム配信も可能
  • 4Kほどの高解像度を求めないならオーバースペック

30万円を切るハイエンドモデル「G-Tune DG-I7G7S」は、アーマードコア6を4K&60fpsで遊べる性能をほこり、バトルシーンでも重くなる心配がありません。

ロボットの機動やモーションもなめらかに描写し、臨場感あふれるアクションを楽しめます。

どんなゲームも超快適にプレイしたい」「ゲーム配信もやりたい」という人におすすめです。

しばらく買い替える必要がない最強スペックの1台!

マウスコンピューター

出先でも快適に遊べるゲーミングノート|GALLERIA ZL7C-R47

製品名GALLERIA ZL7C-R47
CPUCore i7-13700HX
GPURTX 4070 8GB Laptop
メモリ32B
ストレージ1TB
バッテリー6.2時間
質量約2.4㎏
ディスプレイ15.6インチ/165Hz フルHD
価格297,980円
GALLERIA ZL7C-R47
GALLERIA ZL7C-R47の特徴
  • 場所問わずゲームを楽しめる
  • RTX 4060に近い性能を持つRTX 4070 Laptopを搭載
  • 中設定&144fps程度でアーマードコア6を遊べる
  • コスパがあまり良くない

比較的軽量で外にも持ち運びやすいゲーミングノート「GALLERIA ZL7C-R47」。

ディスプレイがフルHD&165Hz仕様なので、RTX 4070 Laptopの性能を最大限に活かせるのがポイント。

アーマードコア6では中設定で144fps程度を出せたりと、スペックにも妥協がありません。

作業用PCとしても使い倒したい人におすすめ!

アーマードコア6に関するよくある質問

アーマードコア6に関するよくある質問に回答します。

グラボなしのPCで遊べる?

グラボなしのPCで遊ぶのは厳しいでしょう。

アーマードコア6は、前作と比べてグラフィック性能が大幅に向上しているので、その分負荷も高めです。

そのため、グラボがないとまともなフレームレートが出ず動作がカクカクし、起動すらできない可能性があります。

快適に遊ぶなら、やはりグラボを搭載したゲーミングPCのほうが最適!

容量はどれくらい必要?

アーマードコア6に必要な容量は65GBです。

本格アクションゲームということもあり、それなりの容量が必要となります。

ほかのゲームも遊ぶことを考えると、SSDが500GB以上搭載されたゲーミングPCだと安心です。

ゲーム容量はアップデートにより増えていくものなので、余裕をもたせておきましょう!

家庭用ゲーム機とゲーミングPCはどっちがおすすめ?

PS5およびXboX X/Sの最大フレームレートは120fps

それに対し、ゲーミングPCのフレームレートは性能に依存するものの無制限なので、高fpsでアーマードコア6をプレイできます。

繊細なグラフィックや本格アクションをより楽しめる!

キーボード&マウスでプレイすることでロボットの操作性が上がり、戦闘もしやすいため、快適さを求めるならゲーミングPCがおすすめ。

ただし、PS4/5にのみデジタルデラックスエディションがあるので、特典が欲しい人はそちらをおすすめします。

クロスプレイに対応してる?

アーマードコア6は同一プラットフォームにのみ対応し、クロスプレイ非対応です。

フロムソフトウェア開発の別ゲーム「ELDEN RING」が他機種とのクロスプレイに対応していないため、技術的にも難しそうです。

アーマードコア6のおすすめPCスペックまとめ

本記事ではアーマードコア6に注目し、以下の4つを解説しました。

アーマードコア6を快適に遊ぶなら、PS5の性能を大きく超える、RTX 4060以上のグラボ搭載PCだと安心です。

目的別におすすめのゲーミングPCをセレクトしたので、自分に最適なモデルを見つけてみてください。

また、当サイトでは他にもおすすめのゲーミングPCを紹介しているので、あわせてチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です