ゲーミングPCのおすすめ

CoD:MW3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介

Call of Duty: Modern Warfare III(コール オブ デューティ モダン・ファーフェア3)は、人気FPSゲーム「CoDシリーズ」の8作目にして「CoD:MW2」の続編(2023年11月11日に発売)。

世界を舞台に敵勢力と戦いながら物語を進めていきます。

PS4/PS5やXboxで遊べますが、ゲーミングPCなら高画質・高フレームレートで安定しています。

CoD:MW3を快適に遊べるゲーミングPCが知りたい!

そこで本記事では、CoD:MW3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCについて紹介します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。株式会社makuri代表。プロフィール詳細

本記事のリンクには広告がふくまれています。

Call of Duty:Modern Warfare Ⅲ(CoD:MW3)の必要・推奨スペック

CoD:MW3に必要なスペックと推奨スペックを紹介します。

最低限必要なスペック

CoD:MW3に最低限必要なスペックです。

OSWindows10 64bit
CPUCore i5 6600 / Ryzen5 1400
GPUGTX960 / GTX1650 / Radeon RX470
メモリ8GB
ストレージ149GB
DirectXバージョン12

CPU・GPUともにエントリークラスから遊べるCoD:MW3。

しかし、上記スペック表は画質を下げて遊べる性能を指します。

高画質で遊ぶには性能不足なので、画質を上げて遊ぶには推奨スペック以上のゲーミングPCが必要です。

低画質ならエントリークラスでも十分遊べます!

推奨スペック

CoD:MW3の推奨スペックです。

OSWindows10 64bit / indows11 64bit
CPUCore i7 6700K / Ryzen5 1600X
GPUGTX 1080 Ti / RTX 3060 / Radeon RX 6600XT
メモリ16GB
ストレージ149GB
DirectXバージョン12

推奨スペックはフルHD60fpsで安定できるスペックとなります。

よって、ミドルクラスのゲーミングPCであれば60fpsで安定しています。

高画質で遊びたい人は、最新のハイスペックPCを選びましょう。

高画質にこだわるならRTX 4070以上はほしいところ…!

CoD:MW3におすすめのゲーミングPC

CoD:MW3におすすめのゲーミングPC5選を紹介します。

製品名特徴CPUGPUメモリ価格
GALLERIA RM5C-R46
フルHDで100fps以上出せるCore i5 13400FRTX 406016GB157,800円
G-Tune DG-I7G7S
4K設定で遊べるCore i7 14700FRTX 4070 SUPER32GB279,800円
GALLERIA ZA9C-R49
競技向けで使用できるプロレベルPCCore i9 14900KFRTX 409032GB517,800円
AORUS 15 BSF-73JP754SH
外出先でCoD:MW3を遊べるCore i7 13700HRTX 4070 Laptop16GB319,000円
NEXTGEAR JG-A5G1D
圧倒的コストパフォーマンスRyzen5 4500GTX 1660 SUPER16GB99,800円

推奨スペックをクリア|GALLERIA RM5C-R46

CPUCore i5 13400F
GPUNvidia GeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB DDR4 3200 8GB×2
ストレージNVMe SSD 1TB
金額157,800円
GALLERIA RM5C-R46の特徴
  • CoD:MW3で100fps出せる
  • 動画編集もできるミドルスペック
  • 15万円台と買いやすい価格

RTX4060を搭載したGALLERIA RM5C-R46

前世代のCore i5 13400Fですが、性能は申し分なし

フルHD環境に最適化し、CoD:MW3を100fpsで遊べます。

動画編集などクリエイティブ作業でも使用できるため、初めてのゲーミングPCとしてもおすすめ。

幅広い用途に使えるので、初のPCにおすすめ!

4K設定でも遊べる|G-Tune DG-I7G7S

CPUCore i7 14700F
GPUNvidia GeForce RTX 4070 SUPER 12GB
メモリ32GB DDR5 4800 16GB×2
ストレージNVMe SSD 1TB
金額279,800円
G-Tune DG-I7G7Sの特徴
  • 4Kでも遊べるグラフィック性能
  • CoD:MW3を高画質設定で遊べる
  • 他のFPSゲームでフルHD200fps出せる

G-Tune DG-I7G7Sは、4K環境でも遊べるゲーミングPCです。

ミドルハイクラスのRTX 4070 SUPERを搭載しているため、CoD:MW3を高画質でも安定したフレームレートで遊べます。

他の人気タイトルもPC性能不足になることがありません。

最新のゲームを多く遊びたい人におすすめです。

他のゲームでも高いフレームレートを出せる高性能PC!

マウスコンピューター

競技向けに遊びたい人向け|GALLERIA ZA9C-R49

CPUCore i9 14900KF
GPUNvidia GeForce RTX 4090 24GB
メモリ32GB DDR5 4800 16GB×2
ストレージNVMe SSD 1TB
金額517,800円
GALLERIA ZA9C-R49の特徴
  • 4Kでも遊べるグラフィック性能
  • CoD:MW3を高画質設定で遊べる
  • 他のFPSゲームでフルHD200fps出せる

CPU・GPUともにハイエンドで構成されたGALLERIA ZA9C-R49

CoD:MW3では競技向けに真剣にプレイできるほか、4K高画質でも安定して動きます。

50万円を超える高額PCですが、本気でe-スポーツに取り組みたい人におすすめです。

プロも扱うハイスペックPCです!

出先でもCoD:MW3を遊べるハイスペックノート|AORUS 15 BSF-73JP754SH

CPUCore i7 13700H
GPUNvidia GeForce RTX 4070 Laptop 8GB
メモリ16GB DDR5 4800 8GB×2
ストレージNVMe SSD 1TB
ディスプレイ15.6型165HzQHD液晶
金額319,000円
AORUS 15 BSF-73JP754SHの特徴
  • 場所を気にせずCoD:MW3を遊べる
  • フルHD環境で100fps出せる
  • ミドルクラスながらデスクトップ版と同等の性能がある

場所を選ばずCoD:MW3を遊ぶならAORUS 15 BSF-73JP754SHがおすすめ。

13世代Core i5とRTX4070 Laptopを搭載しているため、フルHDで100fps以上出せます。

スタイリッシュな筐体デザインもカッコよく、RGBライティングがゲーミング感を演出。

キーボードは最大1.7mmキートラベルで、押した感覚を楽しめます。

筐体20.8mmの薄さなので持ち運びにも最適!

画質調整でCoD:MW3を遊べるコスパPC|NEXTGEAR JG-A5G1D

CPURyzen5 4500
GPUNvidia GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB DDR4 3200 8GB×2
ストレージNVMe SSD 512GB
金額99,800円
NEXTGEAR JG-A5G1Dの特徴
  • 買いやすい価格のエントリーモデルPC
  • CoD:MW3を60fps以上出せる
  • ミニタワー型で置き場所に困らない

9万円台で買えるNEXTGEAR JG-A5G1D

GTX 1660 SUPERを搭載しているため、推奨スペックはクリア。

CoD:MW3をフルHD環境で60fps以上出せます。

もっと高いフレームレートで遊びたい場合は、画質を下げるとフレームレートは向上。

4Kなど超解像度にはスペック不足のため、RTX 4070以上を搭載したゲーミングPCを買いましょう。

安価モデルながらバランスの良いPCです!

CoD:MW3の購入方法

PC版CoD:MW3の購入方法(予約方法)について紹介します。

CoD:MW3を予約できるプラットフォームは以下2つ。

Steam

Steam公式サイトから予約します。
検索フォームから「CoD:MW3」を検索します。
CoD:MW3をクリックします。
好きなエディションを選び、カートに入れます。

最初にアプリをダウンロードしておくと簡単です!

BATTLE.NET

BATTLE.NET公式サイトにアクセスします。
メニューから「Call of Duty」をクリックするとシリーズがプルダウンされるので、CoD:MW3を選択します。
好みのエディターを選択して予約します。

先にアカウントを作成しておきましょう!

CoD:MW3によくある質問

CoD:MW3によくある質問に答えます。

スペックの低いPCでも遊べる?

CoD:MW3は必要最低限のスペックがGTX 1650のため、エントリークラスでもゲームを遊べます

しかし、画質設定を下げないとフレームレートが低下してしまうため、中から低設定がおすすめ。

高画質・高フレームレートで遊びたい人は、推奨スペック以上のゲーミングPCを選びましょう。

画質調整は必要ですが、エントリークラスでも遊べます!

エディションによる違いは?

PC版CoD:MW3は、スタンダート版(9,800円)と秘蔵版(13,390円)の2種類があります。

秘蔵版は以下の得点がつきます。

  • オープンベータの早期アクセス権
  • キャンペーンの早期アクセス権
  • ゾンビゴースト(オペレータースキン)
  • ソープオペレーターパック
  • Soul Herverster(曳光弾武器設計図)
  • ネメシスオペレーターパック
  • ロックピックオペレーターパック
  • 2種類の「武器保管室」
  • 1シーズン分のブラックセル
  • 追加の30ティアスキップ

最初は通常版を購入し、秘蔵版へ後日アップグレードもできます。

費用は3,590円かかりますが、トータル金額は変わりません

CoD:MW3におすすめのゲーミングPCまとめ

本記事ではCoD:MW3のおすすめゲーミングPCと推奨スペックについて紹介しました。

CoD:MW3はエントリークラスのゲーミングPCでも画質調整次第で遊べます

しかし、画質・高フレームレートで遊びたいならミドルクラス以上の性能は必要。

フレームレートを高く設定したい場合は、リフレッシュレートが高いモニターも必要になるため、自分の環境に合わせてプレイしましょう。

なお当サイトでは、ほかにもおすすめのゲーミングPCを紹介しているので、あわせてチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です