ゲーミングPCのおすすめ

白いゲーミングPCのおすすめを紹介!選び方と各BTOメーカーも解説

こんにちは!ゲーミングPC大好きシルバー( @game_chu_s)です。

白いゲーミングPCが欲しいけど、どこで購入したらいいか迷ってしまいますよね。

検索しても白いケースはあるけど、自作で組むのはちょっと考えもの。

でも「白くてカッコいいゲーミングPCが欲しい!」という人も多いはず。

そこで本記事では、自作しなくても購入できる白いゲーミングPCのおすすめを紹介します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。株式会社makuri代表。プロフィール詳細

本記事のリンクには広告がふくまれています。

白いゲーミングPCのメリット・デメリット

白いゲーミングPCのメリットとデメリットを紹介します。

魅せるPCとして写真映えが良い

多くのゲーミングPCメーカーで採用しているケースは黒基調のケースが多いため、白いケースは差別化でき、インテリアとしても映えるアイテムです。

ケースだけではなくパーツも白に統一したPCや光るPCなどは、SNSでも多くアップされ、魅せるPCとしても活躍します。

カッコ良い空間をデザインすると、ゲームへの没入感も高まる!

インテリアの一部として部屋になじみやすい

白いケースは清潔感があるため、どのような部屋の雰囲気にも合わせやすいです。

ほこりなども目立ちにくく、部屋がすっきりした印象に。

他のデバイスや家電とも相性が良いため、どこにでも置けるメリットがあります。

BTOパソコンでの取り扱いが少ない

唯一のデメリットは、取り扱っているメーカーが少ないことです。

BTOメーカーの多くは、自社のオリジナルケースを採用し、ほとんどが黒を基調としています。

厳密には白いケースを単体で販売しているメーカーもありますが、自作する人向けといえます。

数は少ないもののゼロではないため、初心者の人は自作ではなく、BTOメーカーからの購入をおすすめします。

白いゲーミングPCの選び方

白いゲーミングPCの選び方について解説します。

BTOメーカーから購入

デメリットでも書いたとおり、白いゲーミングPCを取り扱っているメーカーは多くありません。

ケース単体で購入して自作することは初心者向けではないうえ、パーツの取り扱いを誤ると、損失も大きくなってしまいます。

初心者はBTOメーカーから購入しましょう。

PCにくわしくない人は、メーカーの店員に相談してみましょう!

冷却性能の確認

ケースの外観だけではなく、冷却性能にも注意しましょう。

ファンの数やエアフローの流れ、水冷キッドが取り付け可能かどうかも確認したいところ。

さらに、電源やUSBの位置が自分好みの場所にあるかもチェックするといいでしょう。

大きさ・デザインの確認

ゲーミングPCのケースは、大きく分けて3種類あります。

フルタワー型ケース拡張しやすい
大きすぎる
ミドルタワー型ケースゲーミングPCで多く扱われているサイズ
ややデカい
ミニタワー型ケースコンパクトで置き場所に困らない
拡張しにくい

拡張のしやすさはフルタワー型ケースが圧倒的です。

GPUなどをサイズを選ばす交換できるほか、ファンを増設して冷却性能を上げることも可能。

デメリットは、大きいために置き場所に困ること。

一方ミニタワーケースは、マザーボードがminiATXまたはitx規格を取り付けているため、コンパクトなサイズ感が人気です。

しかし、GPUなど一部サイズが限定されてしまうため、拡張性が低い弱点もあります。

困ったらミドルタワー型ケースを選びましょう。

「ゲーミングPCといえばこれ」というほどメジャーなケースで、拡張性とサイズ感のバランスが絶妙です。

もっと小さいケースはありますが、電源が限定されてるなどゲーム向きではないため、上記から選ぶと失敗しませんよ!

白いゲーミングPCが買えるBTOメーカー

白いゲーミングPCを取り扱っているBTOメーカーを紹介します。

メーカー特徴価格帯
サイコム
カスタマイズ性が高い
構成が特徴的
PC中級者以上向け
高い
約20万円~
ストーム
検索が簡単
ケースの種類が多い
PC中級者以上向け
安いPC有
約10万円~
アークハイブ
品揃えが豊富
パーツ単体も購入可能
PC初心者でも分かり安い
安いPC有
約10万円~
フロンティア
セールの数が多い
コスパが良い
PC初心者でも分かり安い
安いPC有
約10万円~
エイリアンウェア
デザイン性が高い
高い耐久性
PC中級者以上向け
高い
約20万円~

Sycom(サイコム)

サイコムと他社メーカーとの違いは、カスタマイズの自由度が高いところです。

マザーボードなどメーカーは独自規格のものを採用するケースが多いなか、サイコムはメーカー製のパーツを選べます。

その反面、PCの知識がない人にはバランス調整が難しいでしょう。

PCにある程度くわしくなると、無駄なパーツのグレードを下げて金額を調整できます。

STORM(ストーム)

ストームの特徴は、価格やCPUなど検索項目が多いため、ある程度購入するPCスペックが決まっていれば簡単に検索できるところ。

したがって、PCの知識がない人でも安心して購入できます。

PCにくわしい人向けになりますが、ストームはBTOメーカーのなかで唯一Linuxを扱っているメーカーです。

初心者から上級者まで幅広いユーザーが愛用しています。

archive(アークハイブ)

アークハイブは、PCパーツショップとしても有名で、パーツの種類が豊富

BTOパソコンも自社パーツではなく、メーカー品から構成しています。

自分の好きなメーカーのパーツを選べるメリットがありますが、構成によっては価格が高くなるデメリットも。

サイトはパーツごとに写真を使っているため、初心者でも分かりやすいです。

また、パーツのダウングレードが必要など、PC知識がある人はさらにお得に買えます。

FRONTIER(フロンティア)

フロンティアは、国内で組み立て・検査を行っているメーカーです。

セールの多さがメリットで、とくに夏休みなどの大型連休は、割引額が大きいため購入のチャンス。

ヤマダ電機グループのメーカーなのでサポート体制も万全で、なにより安心感があります。

デメリットはカスタマイズ要素が少なく、パーツにこだわりたい人は物足りなさを感じるかもしれません。

その反面サイトが見やすいため、初心者の人にも安心して購入でき、セール時期にあわせて買えばお得感も高いメーカーです。

ALIENWARE(エイリアンウェア)

エイリアンウェアは、企業でも多く取り扱っているDell(デル)のゲーミングブランドです。

人気YouTuberヒカキンさんが愛用していることでも有名なエイリアンウェアは、デザイン性が高いことが特徴的。

オリジナルのスタイリッシュで重厚感のあるケースは、どこか近未来性を感じ、グリーンのLEDがゲーミング感を演出してくれます。

デスクトップのラインナップは1種類のみで迷わない反面、いろいろ選びながら楽しみたい人には厳しいかもしれません。

他メーカーと比べると高めの設定ですが、独自ソフトを使用できるため、使い勝手はメーカートップクラスです。

白いゲーミングPCのおすすめ5選(デスクトップ)

白いケースでおすすめデスクトップゲーミングPCを4つ紹介します。

製品名特徴CPUGPUメモリ価格
G-Tune
DG-I7G70

白一式セットでも30万円未満Core i7 14700FRTX 407032GB280,700円
G-Master
Velox II Intel Edition

光る内部も魅せるゲーミングPCCore i5 14400FRTX 406016GB197,530円
STORM
XG-144F46Ti
ミドルタワーながらハイスペックCore i5 14400FRTX 4060 Ti32GB198,000円
FRONTIER
FRGLB760/SG3
上品さと高いエアフロー性能Core i7-14700FRTX 407032GB264,800円

白一式セットでも30万円未満|G-Tune DG-I7G70

CPUIntel Core i7 14700F
GPUNvidia GeForce RTX 4070 12GB
メモリ32GB DDR5 4800 16GB×2
ストレージNVMe SSD 1TB 
金額280,700円
特徴

マウスコンピューターから発売された「G-Tune DG-I7G70」。

LEDとケースがカスタマイズで選べ、洗練されたデザインと静音性にすぐれています。

電源ユニットをケース上段に配することで効率的な排熱を実現し、冷却性能も高いです。

RTX 407032GBの大容量メモリと、ゲーム目的であれば問題ないスペックを有しています。

PC本体にくわえ、マウス・キーボード・ヘッドセット・液晶ディスプレイふくめて白で統一したい人は、ストレージこそ500GBになるものの、全部で35万円切る「G-Tune DG-I7G70(オーロラコレクションセット)」もおすすめです。

光る内部も魅せるゲーミングPC|サイコム G-Master Velox II Intel Edition

CPUIntel Core i5 14400F
GPUNvidia GeForce RTX 4060 8GB
メモリ16GB DDR4 3200 8GB×2
ストレージNVMe SSD 500GB
金額197,530円
特徴
  • リア・トップにファンが1つずつ付属
  • LEDストリップを搭載しているため光るPCも可能
  • ほぼ全てのゲームを遊べる性能を保有

サイコムのIntel搭載のG-Masterシリーズ「G-Master Velox II Intel Edition」です。

ケースはZEXTの白いケースを採用しています。

スタイリッシュなデザイン性にくわえ、光る演出も可能なため、部屋との相性も抜群です。

第14世代のCore i5とRTX4060を搭載しているため、ゲームを選ばず遊べます。

ケース自体にファンが付属しないので、サイコム独自のファンを搭載してますよ!

ミドルタワーながらハイスペック|STORM XG-144F46Ti

CPUIntel Core i5 14400F
GPUNvidia GeForce RTX 4060 Ti 8GB
メモリ32GB DDR4 3200 8GB×2
ストレージNVMe SSD 1TGB
金額198,000円
特徴
  • ガラス製サイドパネルで中面も魅せれる白いケース
  • 小さいケースながら拡張性もバッチリ
  • 最新DDR5メモリを搭載した高スペック

ストームの「XG-144F46Ti」は、強化ガラスウィンドウで内部構造が見えるケース「MSI MPG GUNGNIR 110R」を使用したミドルタワーPCです。

マザーボードと電源搭載部を分離することで、ノイズの影響を低減しています。

トップ・フロントにファンが2つ、リアに1つファンを搭載しているのもうれしいメリット。

Core i5 14400とRTX 4060 Tiの組み合わせで、大抵のゲームが快適に遊べます。

上品さと高いエアフロー性能|FRONTIER FRGLB760/SG3

CPUCore i7-14700F
GPUNvidia GeForce RTX 4070
メモリ32GB DDR4 3200 16GB×2
ストレージNVMe SSD 1TB
金額264,800円
特徴
  • 前面と背面に大型ファンを搭載し、すぐれたエアフロー性能
  • ビスレスサイドパネルなどメンテナンスが簡単
  • 第14世代Core i7とRTX 4070搭載のため、大抵のゲームは快適にこなせる

FRGLB760/SG3は、フロンティアより発売されたゲーミングPCです。

大手メーカーの中では数少ない白い自社製ケースを扱っています。

すぐれたエアフロー性能が特徴的で、発熱性の高いゲームや作業を行っても熱をケース外へ排熱。

水冷クーラーも搭載し、熱による暴走を防ぎます。

第14世代Core i7とRTX 4070を搭載し、大抵のゲームは快適にプレイできます。

ケース内にLEDラインを配置しているため、光るゲーミングPCとしても楽しめますよ!

白いゲーミングノートPCのおすすめ2選

つづいて白いゲーミングノートPCのおすすめを2つ紹介します。

好きな場所でゲームをプレイしたい人は参考ください。

セラミックホワイトで飽きのこないノート|hp OMEN Transcend 16

CPUIntel Core i7 13700HX
GPUNvidia GeForce RTX 4060
メモリ16GB DDR5 4800 8GB×2
ストレージSSD 1TB
ディスプレイWQXGA 240Hz
金額272,800円
特徴
  • セラミックホワイトボディでゲーム以外でも活躍
  • IPSパネルかつ240Hzの高リフレッシュレートで鮮やかな映像
  • 安価にゲーミングノートを買える

OMEN Transcend 16」は、hpから発売されたゲーミングノートPCです。

OMENオーメン」の兄弟機にあたり、下位ブランド「Victus」との中間ブランドにあたる本機。

ディスプレイにmini-LEDバックライト240Hzの高リフレッシュレートを採用し、アクション性の高いゲームにもぴったりです。

 セラミックホワイトのボディが、長時間利用していても飽きを感じず、テンキー付きで作業用としても最適。

第13世代Core i7とRTX 4060を搭載しているため、フォートナイトやApexといった人気タイトルも遊べます。

FPSゲームでも滑らかに動きますよ!

人気ブランドのゲーミングノートPC|ROG Zephyrus G14 GA402XI

CPUAMD Ryzen 9 7940HS
GPUAMD Radeon RTX 4070
メモリ16GB DDR5 4800 8GB×2
ストレージSSD512GB
ディスプレイWQXGA 165Hz
金額249,800円
特徴
  • 人気ブランドの白いゲーミングノートボディ
  • 厚さ18.5mm、重量1.65Kgと持ち運びしやすい
  • CPUとGPUともに高スペックで安定したパフォーマンス

Zephyrus G14 GA402XI」はASUSから発売されたゲーミングノートPCです。

ムーンライトホワイトカラーがスタイリッシュさをデザインし、どこにでもマッチします。

最薄部の厚みが18.5mm、重量は約1.65Kgと、ノートPCの常識を変える薄さと軽さを実現。

Ryzen 9とRTX 4070を搭載しながら冷却システムも充実しているため、熱でパフォーマンス低下を起こしません。

デザインとパフォーマンスの両方を求めている人におすすめです。

人気ブランドで信頼性も高いPCです!

白いゲーミングPCのよくある質問

白いゲーミングPCに関するよくある質問をまとめました。

初心者はどこで買えば良い?

PCにくわしくない人、初めてゲーミングPCを購入する人はBTOメーカーから購入しましょう。

パーツを自分で準備して自作で組み立てることは難易度が高いためです。

注意点はデメリットでも記載したとおり、取り扱いメーカーが少ないこと。

とはいえゼロではありませんので、本記事の白いゲーミングPCが買えるBTOメーカーを参考ください。

光る白いPCがほしい

白いケース内を光らせるゲーミングPCがほしい人は、サイドパネルがアクリルまたはガラス素材のものを購入しましょう。

中面が見えるからです。

光るファンやメモリなどを取り付けることで、光る演出が可能です。

ただし、自分でパーツの交換が必要なので、初めての人はG-Master Intel Editionのように、はじめから光る構成で発売されているゲーミングPCがおすすめです。

光るPCで自分のゲーミング空間をデザインすると、ゲームへの没入感がより高まります。

ドスパラ(ガレリア)に白いゲーミングPCはないの?

ドスパラでは残念ながら白いゲーミングPCを発売していません

ドスパラでは自社のオリジナルケースを採用しているためです。

白いケース単体の購入はできますが、自作スキルが必要です。

白いケースを単体で販売していますが、ドスパラオリジナルではないため、あまりメリットを感じません…

白いゲーミングPCまとめ

本記事では白いゲーミングPCについて解説しました。

白いゲーミングPCのメリットとデメリットは以下のとおりです。

デメリット
メリット
  • メーカーオリジナルケースが少ない
  • ケース単体の販売が多く自作が必要なケースも
  • 白くても性能には関係ない
  • 写真映えが良い
  • 部屋になじみやすくインテリアとしても使える
  • 清潔感がある
  • カッコ良い

インテリアにも合わせやすいので、オシャレな空間をデザインすると、ゲームへの没入感も高まります。

取り扱っているメーカーが少ないデメリットはあるものの、白くてカッコいいPCを扱っているBTOメーカーもあるので、自分お好みのPCを探してみてください。

なお、こちらの記事では総合的に「おすすめのゲーミングPC」を紹介しているので、ぜひ参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です