新生活セールのおすすめ

iPhone 15 Proのレビュー・評判・口コミを紹介!14 Proと違いを比較したらわりと進化してた

どうも、iPhoneユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

iPhone 14 Proを使っていてまだまだ現役ですが、毎年恒例で15 Proを買いました。

見た目的にはキープコンセプトなものの、素材にチタンを採用したおかげで質感・軽量性ともにアップしています。

さらにポートも、だれも望んでなかったLightningから待望のUSB Type-C(USB 3.2 Gen 2)に変わり、他のApple製品(MacBook・iPad)とケーブル端子がついに揃いました。

マクリン
20g軽くなってるのと、USB-C採用だけでも正直買い!

そこで本記事は、iPhone 15 Proを14 Proと比較しつつ、各ポイントを紹介していきます。

CHECK NOW

 

メリット
  • 14 Proより20g軽くなった
  • 14 Proよりベゼルが細くなった
  • 充電ポートがUSB-C仕様
  • アクションボタンが便利
  • 側面のチタンフレームが美しい
  • 無線LAN規格がWi-Fi 6Eにアップ
デメリット
  • 充電器は別途必要
  • 付属のUSB-CケーブルがUSB2.0
  • カメラが相変わらずゴツい
ご提供品
本記事中の充電器とモバイルバッテリー、スタンドとケースはそれぞれ、アンカー・ジャパン様とMOFT様から商品を提供いただき作成しています。
本記事のリンクには広告がふくまれています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

iPhone 15 Proの外観比較と付属品

iPhone 15 Proは、最大10Gbps対応のUSB Type-C・4800万画素の3眼カメラ・120Hzリフレッシュレートの有機ELディスプレイをそなえる15シリーズのハイエンドモデルです。

製品名 iPhone 15 Pro
カラー ブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウム
サイズ 70.6 x 8.25 x 146.6mm
重量 187g
ディスプレイ 6.1型有機EL(最大120Hz)
解像度 2,556 x 1,179ドット(常時表示)
画面輝度 1,000ニト(最大2,000ニト、屋外)
CPU A17 Pro
(6コアCPU / 6コアGPU / 16コアニューラルエンジン)
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
カメラ 4800万画素(広角、F1.78、センサーシフト、レンズフレア防止加工)
+ 1200万画素(超広角、F2.2)+ 1200万画素(3倍望遠、F2.8)
+ LiDARスキャナー、インカメラ1200万画素(F1.9)
対応回線 5G(sub-6)、4G
Bluetooth 5.3
無線LAN Wi-Fi 6E(IEEE802.11ax)
生体認証 Face ID
防水防塵 IP68
バッテリー 動画再生:最大23時間
音楽再生:最大75時間
非接触充電 MagSafe(15W)/ Qi(7.5W)
充電ポート USB Type-C(27W)
SIM nanoSIM + デュアルeSIM
価格 15万9,800円〜

 
13 Pro14 Proと同様、「物理SIM(nanoSIM)+ eSIM x 2」のトリプルSIM仕様であり、僕のように複数の電話番号を使い分けつつ1台のスマホで済ませたい人は重宝します。

eSIM
SIMカードを物理的に挿すのではなく、電話番号情報をネットワーク経由で書き込んで契約する形式で、本体に内蔵しています。
マクリン
通話用のSIMとデータ通信用のeSIMで分けて節約するのもアリ!

僕が購入したのはブルーチタニウムで、落ち着いた色合いで上品な雰囲気をまとっています。


 
光の当たり方によって表情が変わり、爽やかにも渋めに映る魅力的なカラーです(ただし、今回のラインナップで一番不人気らしい…w)


 
14 Proと同様、背面のテクスチャードマットガラスは表面処理が心地よく、指紋もつきづらくて扱いやすいです。


 
それからなんといっても特筆すべきが、側面のフレーム素材にSUSに代わり、チタンを採用したこと。

マクリン
後述しますが最高です!

カメラユニットのゴツさは14 Proと同等で、光学3倍ズームや各カメラの画素数といった基本スペックが変わらない影響か、ユニットサイズ自体は同じでした。


 
正面向かって右側にサイドボタン、左側には新設のアクションボタンと音量ボタン(大/小)が付いています。



マナーモードスイッチがなくなったところにアクションボタンが入った感じですが、このボタンが自分の好きな機能を付加できてなかなか便利。

アクションボタンと同じく、大きく変更したのが充電ポートで、不評だったLightningからついにUSB Type-Cに変わりました!


 
それにともない、付属品のケーブルもUSB-C to LightningケーブルからUSB-C to USB-Cケーブルに変わりました。


 
ただしケーブルのUSB規格はUSB 2.0(最大480Mbps)で、USBポートの実力である「USB 3.2 Gen 2(最大10Gbps)」を引き出せる仕様ではないので注意ください。

両者には転送速度に大きな差があるので、外付けSSDとの接続など、速い転送速度が必要になる場面ではUSB 3.2 Gen 2対応ケーブルを使用ください。

また、USB充電器も付属していないので、Anker Nano Charger (20W)との同時購入がおすすめです。


 
あと僕のように「画面ゼッタイ傷つけたくない民」は保護フィルムをすぐに付けましょう。


 
僕はいつもNIMASOの「ガラスフィルム」を貼り付けています。


 
CHECK NOW

iPhone 15 Proと14 Proの違いを比較レビュー

iPhone 15 Proのサイズは70.6 x 8.25 x 146.6mmで、14 Proと比べて幅は少しスリムに、やや分厚くなりました。



持ったときのサイズ感はとくに変わらないものの、チタン採用の恩恵で「えっ、めっっちゃかる…!」と驚くくらいには軽量化が図られていました。

それでは各方面から14 Proと比べる形で15 Proをレビューしていきます。

なお、カメラのレビューはざっくりなので、あらかじめご承知おきください。
 

チタン採用でとにかく軽い

iPhone 15 Proならではの目玉のひとつが、側面のフレームにチタンを採用したことです。

マクリン
チタンならでは鈍い光沢がカッコいい〜!

その恩恵は重量面でも大きく、実に20gもの軽量化が図られています。とにかく軽いのにバッテリー持ちは変わらないのもすごい。

iPhone 15 Pro

iPhone 14 Proの重量は約206g

iPhone 14 Pro(約12gのフィルム込み)

 
14 ProのSUSに比べ、指紋が目立ちにくいのも地味にメリット。


 
14 Proよりも角の丸みがやや大きく、手なじみ感がさらに良くなっていました。


 
ただ、背面のガラスとのRのつなぎ部分が完全になめらかでなく、若干の引っかかりを感じました。気になる人は気になるかも。


 

待望のUSB Type-C採用

僕がiPhone 15 Proに変えた最大の理由ともいえるのが充電ポートの変更

マクリン
LightningからUSB Type-Cにやっと変わりました!


 
USB規格も「USB 3.2 Gen 2」であり、USB規格のなかでも比較的上位のものを採用しているのはうれしいポイント。

USB規格(現名称) USB規格(旧名称) 転送速度
USB2.0 USB2.0 480Mbps
USB 3.2 Gen 1 USB3.1Gen1 5Gpbs(5,000Mbps)
USB 3.2 Gen 2 USB3.1Gen2 10Gpbs(100,000Mbps)
USB 3.2 Gen 2×2 20Gpbs(200,000Mbps)

 
ただし、いくつか落とし穴があり、付属しているUSB-CケーブルのUSB規格はなにをケチったかUSB2.0です。

充電だけで使用する分にはとくに問題ないものの、高い転送速度を要する人はUSB 3.2 Gen 2対応ケーブルを別途買いましょう。

高速充電(30分で50%充電)にも対応しますが、充電器は付属していないのでAnker Nano Charger (20W)など「最大20W以上の充電器」が必要になります。


 
当然ながらUSB-C対応のモバイルバッテリーにも対応し、15 Pro向けに開発された「Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)」あたりがおすすめです。


 
USB-C採用の恩恵は充電面だけでなく、接続機器の拡張性にもあります。

マクリン
いろいろな機器とつなげられるようになりましたよ!

DisplayPort Alt Mode対応のUSB-Cケーブルでつなげば、外部ディスプレイに出力もできます(個人的にはあんま使う機会ないけど)


 
ほかにもiPhoneで動画や音声収録の機会が多い人にはありがたい、外付けマイクとの直挿し。


 
大量の動画データを置いときたいときに便利な、外付けSSDとの接続にも使えます。


多くの外部機器はUSB-Cケーブルとの組み合わせであるため、これまでのように「Lightningだから使えない…」と無縁になったのはうれしいです。

MagSafeは変わらず

15 Proは14 Proと同様、マグネット式ワイヤレス充電のMagSafeを採用しています。


 
MagSafe充電器を用意することで背面にピタッとくっつき、充電が開始します。


 
ワイヤレス充電出力は最大15W出力で、充電速度面でもかなり実用的です。


 
おなじみのMagSafe対応アクセサリーも当然使え、iPhoneユーザーならもはや必須アイテム「MOFT Snap-On スマホスタンド」にも対応。


 
本体の保護性を上げるなら、同じくMOFTの「MOVASレザーケース」と組み合わせると、質感も高くていい感じ。


 
スタンド機能に特化し、高さをもう少し出したい人は「MOFT 七変化マルチスタンド」なんかもおすすめです。



 
ケースとスタンドを一緒にするなら、TORRASの「UPRO Ostand R」も使いやすいです。


マクリン
スタンド部分のリングも360度回転できて便利!

アクションボタンがけっこう便利

iPhone 15 Proから新たに搭載されたボタン(従来のマナーモードスイッチの位置)がアクションボタン


 
デフォルトではアクションボタンの長押しで「消音 着信」を切り替えられ、マナーモードスイッチの代わりに使えます。


 
アクションボタンの機能は「設定 アクションボタン」からユーザー側で自由に割り当てられるようになっています。


 
プリセットされている機能以外に、ショートカットやアクセシビリティを付与するといったことも可能です。




 
ただ、個人的におすすめなのはカメラ。


 
一回長押しでカメラを開き、もう一回押すとシャッターを切ってくれるので、瞬時のカメラ起動と撮影に重宝します。

ディスプレイのベゼルがさらに細くなった

iPhone 15 Proは14 Proと同様、6.1インチの有機ELディスプレイ(10〜120Hzの可変リフレッシュレート)を採用しています。

画面の美しさや精細さは今さら触れるまでもないですが、当然ながら綺麗。

画面輝度は14 Pro/15 Proともに最大2,000ニトという触れ込みですが、並べてみると15 Proのほうが若干くっきりしているのが分かります。

(左)iPhone 15 Pro /(右)14 Pro

 
ディズプレイサイズが変わらないにも関わらず、横幅が71.5mm(14 Pro) 70.6mm(15 Pro)とスリムになっているとおり、ベゼル幅がさらに細くなっています。

(左)iPhone 15 Pro /(右)14 Pro

マクリン
ちょっとした差ですが、超狭額ベゼルのおかげで視認性と没入感がさらにアップ!

A17 Pro搭載で性能アップ

15 ProのCPUにはA17 Proを搭載しています。

14 ProのA16 Bionicでも(半導体チップのトランジスタのゲート長が)5nmプロセスだったのに対し「3nmプロセス」という、もはや意味不明の領域に突入しています。

マクリン
まさに最新技術!

CPUとGPUの性能差を、ベンチマークソフト「Geekbench 5」で測ってみました。

シングルコアでは約13%、マルチコアでは約9%アップし、いずれも着実に進化していました。

iPhone 15 Pro

iPhone 14 Pro

 
GPUはコア数も5から6に増え、約34%アップとかなりの向上が見られました。

iPhone 15 Pro

iPhone 14 Pro

14 Proでももはやゲーミングスマホでしたが、15 Proは発表会でもゲーミングの側面を強く押し出していたのがうなずけるベンチ結果でした。

高速通信の5G対応で下りは光回線並み

14 Proでも対応している高速モバイル通信「5G」は、15 Proでも対応しています。

iPhone 14 Proは5G(ファイブジー)対応

ただし、日本モデルはサブ6(米国ではミリ波もサポート)であり、5Gの実力を全部出せるわけではありません。

サブ6とミリ波
サブ6は3.6GHz~6GHz未満の帯域、ミリ波は28GHz~300GHzを利用し、周波数が高いほどデータ通信を円滑に行うことができます。
 
LINEMOを使って5Gエリアで測定したところ、下りにいたっては光回線と同等でした。

5G環境下で測定

光回線下で測定

 
15 ProからWi-Fi規格「Wi-Fi6E」に対応しているので、Wi-Fi6E対応のルーターと組み合わせることでその真価を発揮できます。

Wi-Fi6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー
Wi-Fi6E(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz/6GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー
MEMO
我が家のルーターはWi-Fi6対応ルーターなので、Wi-Fi6E対応のルーターであれば速度がもう少し出るはずです。
 

カメラのカラグレが自然になった

iPhone 15 Proのカメラは14 Proと同じく3カメラ + LiDARセンサーですが、本機からレンズにフレア防止加工が施されました。

マクリン
つまり、逆光に強い(はず)!

広角レンズが4800万画素なのも同様ですが、焦点距離の刻みが細かくなり「24mm(1倍)」と「48mm(2倍)」の間に「28mm(1.2倍)」「35mm(1.5倍)」が追加されました。

マクリン
自分の好きな画角により合わせやすくなりましたね!

肝心のカメラの写りはというと、15 Proのほうがカラーグレーディングが良く、白飛びが抑制されて色合いがより自然になっているのが分かります(ソフト面の進化を実感)

iPhone 15 Pro

iPhone 14 Pro

マクリン
3眼がひょいひょい変わるのはマシになったものの、15 Proでもまだありますね…!
MEMO
動画はまだしっかり試せていないので、ひととおり使ってみてから追記します。
 
CHECK NOW

iPhone 15 Proの評判・口コミ

当サイトで独自に集計したアンケートから、iPhone 15 Proの良い口コミ悪い口コミを紹介します。

購入時の参考にしてください。

iPhone 15 Pro

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つ中の4.4(11人のレビュー)
星5つ46%
星4つ45%
星3つ9%
星2つ0%
星1つ0%

スクロールできます→

No Title
Rated 4.0 out of 5
2023-09-26

カメラの性能も優れてて充電器がタイプCになったので、コードを2つ持って行かなくなったのでよかった。

女性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023-09-26

今までもiPhoneシリーズを愛用していたが、一番気になっていたカメラの性能がかなり良くなったのが実感できた。遠出することが多く、近くまで行けないところではズームをして撮影をすることが多いのだが、ズームした時でも鮮明にくっきりと写っていることに感動した。

女性 20代後半
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023-09-26

カメラ性能が向上し、既存の機種よりも確実に進化していることが使ってみてから実感でき、暗所での撮影にも強くなっていることから、汎用性が上がっていることが良かったです。ボディ材質をチタンに変更していることから少し軽くなっており、USBタイプCへの変更による汎用性の拡大、新しいカラーなど、新鮮さを感じる面が多く、購入して良かったと思います。USBタイプC自体のスペックがもう少しグレードが高い性能のものを導入して欲しかったという欲があるので、評価は4とさせていただきました。

男性 30代前半
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023-09-24

デザインが最高です。 マナーモードにするときもボタンになって最高です。

女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023-09-23

まずデータ容量が多く、画像も美しい点が良い。ただ、まだ完全に使いこなせていません。

男性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023-09-23

USB Type-Cで充電ができるようになってとても便利になった。

男性 30代後半
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023-09-23

元々iPhone 13 Proを利用していたが、比較するととても軽く感じる。LightningからUSB-Cに変更になり、他の充電ケーブルを流用できる。ミュートスイッチからアクションボタンに変わったため、ケースがアクションボタン部分も覆っており、埃が本体に付着しづらくなった。

男性 30代後半
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023-09-23

前回使っていたiPhoneと基本操作に違いをあまり感じることがなく使いやすかったです。カメラやゲームの動作も向上している体感を得られました。

男性 30代前半
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023-09-23

前日まで使用していたiPhone 12 Proと比較し、カメラの性能がさらにパワーアップしたことを実感しました。また、ディスプレイ表示の設定も細かなところまで指定できることに驚きと感動がありました。

女性 30代後半
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023-09-23

画面のベゼルがないのですごく見やすいです。なめらかなボディで、歴代最高峰の仕上がりだと思います。

女性

 

良い口コミ

充電ポートがUSB Type-Cに変わった点」「カメラの性能アップ」「ベゼルが細くなった点」を評価する声が見られました。

男性 / –

まずデータ容量が多く、画像も美しい点が良い。ただ、まだ完全に使いこなせていません。

男性 / 30代後半

USB Type-Cで充電ができるようになってとても便利になった。

男性 / 30代後半

元々iPhone 13 Proを利用していたが、比較するととても軽く感じる。LightningからUSB-Cに変更になり、他の充電ケーブルを流用できる。ミュートスイッチからアクションボタンに変わったため、ケースがアクションボタン部分も覆っており、埃が本体に付着しづらくなった。

男性 / 30代前半

前回使っていたiPhoneと基本操作に違いをあまり感じることがなく使いやすかったです。カメラやゲームの動作も向上している体感を得られました。

女性 / 30代後半

前日まで使用していたiPhone 12 Proと比較し、カメラの性能がさらにパワーアップしたことを実感しました。また、ディスプレイ表示の設定も細かなところまで指定できることに驚きと感動がありました。

女性 / –

画面のベゼルがないのですごく見やすいです。なめらかなボディで、歴代最高峰の仕上がりだと思います。

女性 / –

デザインが最高です。 マナーモードにするときもボタンになって最高です。

男性 / 30代前半

カメラ性能が向上し、既存の機種よりも確実に進化していることが使ってみてから実感でき、暗所での撮影にも強くなっていることから、汎用性が上がっていることが良かったです。ボディ材質をチタンに変更していることから少し軽くなっており、USBタイプCへの変更による汎用性の拡大、新しいカラーなど、新鮮さを感じる面が多く、購入して良かったと思います。USBタイプC自体のスペックがもう少しグレードが高い性能のものを導入して欲しかったという欲があるので、評価は4とさせていただきました。

女性 / 20代後半

今までもiPhoneシリーズを愛用していたが、一番気になっていたカメラの性能がかなり良くなったのが実感できた。遠出することが多く、近くまで行けないところではズームをして撮影をすることが多いのだが、ズームした時でも鮮明にくっきりと写っていることに感動した。

女性 / –

カメラの性能も優れてて充電器がタイプCになったので、コードを2つ持って行かなくなったのでよかった。

 

悪い口コミ

男性 / 40代前半

前評判や自分が期待していたほど機能レベルが上がっているようには感じませんが、デザインが良くなっているので、総合的に見て「ふつう」と感じています。

 

CHECK NOW

iPhone 15 Proレビュー・評判・口コミまとめ

本記事はiPhone 15 Proをレビューしました。

見た目はキープコンセプトですが、重量・ポート面の変化は大きく、それだけでも正直買いという印象です。

なかでもUSB-C採用に関してはAppleユーザー歓喜で、ようやくAndroidスマホの当たり前に追いついたといえるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

CHECK NOW

 

メリット
  • 14 Proより20g軽くなった
  • 14 Proよりベゼルが細くなった
  • 充電ポートがUSB-C仕様
  • アクションボタンが便利
  • 側面のチタンフレームが美しい
  • 無線LAN規格がWi-Fi 6Eにアップ
デメリット
  • 充電器は別途必要
  • 付属のUSB-CケーブルがUSB2.0
  • カメラが相変わらずゴツい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です