新生活セールのおすすめ

【2024年】今すぐ買うべきUSB急速充電器のおすすめ20選【スマホからPD対応まで】

ガジェットの中でも充電器大好きマクリンです。
 

マクリン

今月もたくさんの充電器を買っちゃった!
充電するものより充電器のほうがあきらかに多くない !?

ヨメ

マクリン

(……ギクッ!)
 
新しいモノが出たら思わず買ってしまうので「これは買うべきじゃなかった……」という失敗をたくさん経験してきました。

数々の失敗を経て、いまも使い続けているスマホのUSB充電器は、本当の意味でおすすめできるものです。

そこで本記事は充電器のおすすめについて紹介します。

本記事のリンクには広告がふくまれています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

USB急速充電器とは?

USB急速充電器とはその名のとおり「モバイル機器やノートPCを急速充電するためのUSB機器」のことです。

モバイルバッテリーとよく混同されがちですが、充電器は本体内にバッテリーを内蔵せず、コンセントを差してケーブルあるいはワイヤレスでデバイスを充電します。

この「バッテリーを内蔵しない」「コンセントを有している」の2点が、充電器とモバイルバッテリーの大きなちがいです。

ひとえに充電器といっても、携帯性を重視したものから大型までさまざまなタイプがあります。

いろいろな種類を使ってみて、僕の行き着いた「使いやすいスマホのUSB充電器」は以下のとおりです。

使いやすいUSB充電器

  • 小型である
  • ポート数は最大4口まで
  • 高出力である

 
持ち運ぶことも視野に入れた場合、小型であることは必須。

近年は、次世代パワー半導体のGaNを搭載する充電器が次々と登場し、コンパクトな高出力モデルが増えています。

AUKEY Omnia Mini 20W IIのサイズは約30 x 30 x 33mm

 
また、USBポート数は5つ以上あったところで、同時に使う機会は案外少なく、4口までが実用的です。

それから出力(ワット数)は、デバイスの充電速度にかかわる大事な要素になってきます。

ワットは「電圧 x 電流」の掛け算で算出され、各デバイスごとに対応ワット数は細かく分かれます。

各デバイスの急速充電時に必要なワット数を挙げていきます。

各デバイスの充電に必要な出力
  • iPhone(11シリーズまで) 18W
  • iPhone(12シリーズ以降)・Androidスマホ 20W
  • PPS対応のAndroidスマホ(Super Fast Charging対応) 25W
  • MacBook Air・iPad・Nintendo Switch 30W
  • 一般的なWindowsノートPC 60W
  • 14インチMacBook Pro(M3) 70W
  • 14インチMacBook Pro(M3 Pro、M3 Max) 96W
  • 16インチMacBook Pro 140W

このようにデバイスによってワット数は異なり、おぼえきれないほど多岐にわたります。

なお、USB PD規格の最大は240Wであり、小型の100W対応充電器も増えているので、それらは以下の記事で紹介しています。

デバイス・メーカー別におすすめの充電器

デバイスによって最適な充電器は分かれるのでそれぞれ紹介します。

iPhoneにおすすめの充電器

12シリーズ以降のiPhoneから、付属品の充電器がカットされたため、iPhone用充電器を別途用意する必要があります。

iPhone 13 Proの付属品

iPhone 12/ 13シリーズは、有線充電時だと30分で50%充電できる「高速充電」に対応しています。

ただし、充電器の出力が20W以上に対応している必要があります。

それを知らずに昔のiPhone充電器を使ったりすると、5Wにしか対応していないので「ぜんぜん充電されない……!」ということになりかねません。

Apple 5W 充電器
 
最新のiPhoneで高速充電できる20W対応充電器を、下記記事にて特集しています。

 

PPS対応Androidスマホにおすすめの充電器

PPS(Programmable Power Supply)とはUSB PD 3.0(USB Power Delivery 3.0)のオプション機能で、PPS対応デバイスに最適な充電が可能となっています。

PPS(Programmable Power Supply)とは?

PPS対応デバイスとPPS対応充電器をPD対応ケーブルでつなぐことで、従来のPDをしのぐ出力(25W以上)と速度で充電できます。

ただし、現時点でその対応機種は多くなく、Galaxy S21など一部のAndroidスマホにとどまります。

Galaxyの場合、PPS対応充電器で充電されていると「超急速充電」と表示し、それでPPS対応充電器か否か判断できます。

Galaxy S21はSuper Fast Charging(超急速充電)に対応
 
実際に使って「良い」と感じたおすすめのPPS対応充電器を、下記記事にて特集しています。

置くだけ充電できるおすすめのワイヤレス充電器

iPhoneふくめ、近年のスマホは置くだけ充電の「ワイヤレス充電」に対応しています。

有線充電にくらべて充電速度は落ちるものの、それ以上にケーブルの抜き差しなしに充電できる利便性がまさります。

スタンド型・パッド型・マグネット型と、使用シーンに応じて自分に最適なワイヤレス充電器は異なります。

そこで下記記事では、各形状ごとにおすすめのワイヤレス充電器を特集しています。

 

MacBook Air/Proにおすすめの充電器

MacBookの充電器は、Airが30Wの電源アダプタ、13インチと14インチのPro(8コアCPU)が61Wと67Wのアダプタ、14インチのPro(10コアCPU)は96Wと、多岐にわたります。

MacBook Airと13・14インチMacBook Proの純正充電器

(左)Airの充電器(30W)/(右)Pro 13″の充電器(61W)

14インチMacBook Proと16インチMacBook Proの純正充電器

(左)Pro 16″の充電器(140W)/(右)Pro 14″の充電器(96W)

いずれも小さくなく、ワット数さえ合わせられれば、小型の代用充電器に変えたほうがベターです。

各モデルに合った充電器を集めてみたので下記記事を参考ください。

Apple Watchにおすすめの充電器

Apple Watchはバッテリー内蔵のスマートウォッチであるため、充電をわすれると、外出時に「バッテリー残量がない……!」ということになりかねません。

Apple Watchの低電力状態

そういった事態に見舞われないよう、Apple Watchの磁気充電器を常に携帯しておきたいところ。

Apple Watchの充電器は大きく、直挿しのコードレスタイプ巻き取りケーブルタイプスタンドタイプの3つに分かれています。

Apple Watchに最適な充電器を集めてみたので下記記事を参考ください。

 

Anker(アンカー)でおすすめの充電器

数ある充電器メーカーでもおすすめなのがAnkerアンカー

Anker 725 Charger (65W)のカラーはホワイト

ひとめでAnkerと分かる洗練されたデザインにくわえ、スマホ用からノートPC用、単ポートから多ポート仕様まで実にバリエーションに富んでいます。

また、一度買えばほぼ故障知らずの品質の高さも人気の理由です。

Ankerでおすすめの充電器を集めてみたので下記記事を参考ください。

CIOでおすすめの充電器

AnkerとならんでおすすめのメーカーがCIOです。

CIO NovaPort DUOの外観

小型化・高出力化に特化したメーカーで、他社にはない独創的かつ魅力的なモデルを数多くリリースしています。

マクリン
スマホ用からノートPC用、充電器兼用のハイブリッドモデルまで、じつにバラエティに富んでます!

こちらの記事では、CIOでおすすめの充電器を集めてみたので参考ください。

1ポートタイプのおすすめUSB充電器

それでは数あるスマホのUSB急速充電器から、まずは1ポートタイプを紹介します。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger
約28 x 28 x 33mm 約35g 1(USB-C x 1) 最大20W
Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)
約36 x 29 x 29mm 約38g 1(USB-C x 1) 最大30W
Anker PowerPort Atom III Slim
約75 x 46 x 16mm 約57g 1(USB-C x 1) 最大30W
Anker Nano II 45W
約35 x 38 x 41mm 約68g 1(USB-C x 1) 最大45W
CIO NovaPort SOLO 65W
約52 × 41 × 28 mm 約95g 1(USB-C x 1) 最大65W
Anker 317 Charger (100W)
約70 × 60 × 34 mm 約216g 1(USB-C x 1) 最大100W

 

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger」は、最大20W対応の1ポート充電器です。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerは1ポートタイプのUSB-C充電器

iPhone 12シリーズやiPad Proの高速充電にも対応しています。

ホワイトブラックのよくある色以外に、チャコールグレーオリーブグリーンネイビーブルーのパステルカラーが用意され、男女問わず使いやすい色がそろっています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのカラーバリエーション
 
省スペースを実現しつつ、プラグが格納でき、裏面には製品情報が芸術的な文字詰めで入っています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerは折りたたみプラグ式
 
サイズは約28 x 28 x 33mmと、20W充電器の折りたたみ式プラグで3cm角を唯一下回り、世界最小サイズを実現しています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのサイズは約28 x 28 x 33mm
 
プラグむき出しのタイプをふくめても、Appleの5W充電器やAnker PowerPort III Nano 20Wと並ぶ超小型となっています。


 
重量は約35gでAnkerよりやや重いものの、折りたたみ式では最軽量。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerの重量は約35g
Anker PowerPort III Nano 20Wの重量は約30g

iPhone 12 Pro充電時の出力は20W近くあり、最大値に近いワット数を計測しました。

iPhone 12 Pro(18.8W)

30分充電で50%に到達するハイスピードぶりで、フル充電まで急ぐときほど重宝します。

サイズ・デザイン・性能ともに完成度高くまとまった、本命の20W充電器です。

  

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)」は、1ポートタイプの30W充電器です。

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)は1ポートタイプの30W充電器
 
サイズは約36 x 29 x 29mmと同クラスの最小設計であり、もちろん卵サイズ未満です。

Anker 511 Chargerのサイズは約36 x 29 x 29mm
 
同クラスのAnker 711 Charger (Nano II 30W)BELLEMOND Ultra Mini 30Wとほぼ同等であり、これまでプラグむき出しでないと実現できなかった極小サイズを、格納型で実現できるようになりました。

Anker 511 ChargerとAnker 711 Chargerのサイズ比較
Anker 511 ChargerとBELLEMOND Ultra Mini 30Wのサイズ比較

  
MacBook Airの30W純正アダプターと並べても、約70%程度小型化できています。

Anker 511 ChargerとMacBook Air 30W純正アダプターのサイズ比較

 
重量は約38gであり、同クラスの最軽量にせまりつつ、MacBook Air充電器と比べても半分未満の軽量設計です。

Anker 511 Chargerの重量は38g

Anker 511 Charger

Anker 711 Charger

Apple 30W純正アダプター

 
USB-Cは最大30W出力にまで対応し、MacBook Airでも急速充電可能です。

Anker 511 ChargerはMacBook Airも急速充電可能

MacBook Air(30W)

  
iPhone 14 Pro充電時も22W以上を記録し、高速充電にもしっかり対応していることが確認できました。

Anker 511 ChargerはiPhone 14 Proを急速充電可能

iPhone 14 Pro(22.4W)

 
PPSにも対応し、Galaxy S21などPPS対応スマホとの組み合わせで、20W以上の超急速充電に対応しています。

Anker 511 ChargerはPPSに対応

 
Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)は「プラグが格納できるiPhone 14・MacBook Air用充電器が欲しい人」におすすめのモデルです。

Anker PowerPort Atom III Slim

世界最薄のPD対応急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」です。

Anker PowerPort Atom III Slimは1ポートタイプの30W出力対応USB-C急速充電器

マクリン
表⾯はスタイリッシュなメッシュ加⼯で、デザイン性にもこだわって作られてますよ!
 
最大出力は30Wであり、MacBook Airならば急速充電できる高出力です。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30WでMacBook・MacBook Airならば急速充電できる高出力

MEMO
iPad Pro、iPhone、Galaxy、Nintendo Switchなどにも急速充電可能です。
 
サイズは約75 x 46 x 16mmで、GaN(窒化ガリウム)採用により超薄型サイズにおさまっています。

Anker PowerPort Atom III Slimは指でつまめる極小サイズ
Anker PowerPort Atom III Slimのサイズ

Anker PowerPort Atom PD 1Anker PowerPort III miniと比べると、床置き面積は大きいものの、1.6cmの薄さは断トツで、さすが世界最薄といえる仕上がりになっています。

Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較

MacBook Airの純正アダプター(30W)と比べても、その薄さは際立っています。

Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

重量は純正アダプターの約106gに対し、Anker PowerPort Atom III Slimは約57gと約半分の軽量化を実現し、世界最軽量(約54g)のAnker PowerPort Atom PD 1に迫る軽さです。

MacBook Airの重量
Anker PowerPort Atom III Slimの重量
Anker PowerPort Atom PD1の重量

Anker PowerPort Atom III Slimは、最大30W出力のUSB-Cを備えています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30W出力のUSB-C搭載
 
USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応
 
USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを超える値を示していました。

PowerPort Atom III Slim x iPhone(13.8W)

 
USB-Cは最大30W出力に対応しているため、MacBook Airや一部のノートPCも急速充電することができます。

Anker PowerPort Atom III SlimはMacBook Airや一部のノートPCも急速充電できる
 
MacBook Air充電時の出力値は、最大出力に迫る27.8Wであり、PowerIQ 3.0の能力が発揮されていました。

PowerPort Atom III Slim x MacBook(27.8W)

 
世界最薄かつ折りたたみプラグ式で、ノートPCふくめてあらゆるデバイスにフルスピード充電。

Anker PowerPort Atom III Slimは、30W出力の1ポート充電器として大本命の充電器です。

 
45Wバージョン
 

Anker Nano II 45W

Anker Nano II 45W」は、1ポートタイプの45W充電器です。

Anker Nano II 45Wは1ポートタイプのUSB-C充電器

白あるいは黒一色のデザインから一新され、シルバーとブラックグレーのツートーンで洗練された雰囲気に仕上がっています。

GaN充電器の中でも究極の小型化を追求し、約35 x 38 x 41mmを実現しています。

Anker Nano II 45Wのサイズは約35 x 38 x 41mm
 
30Wながらその小ささで反響を呼んだ「Anker PowerPort Atom PD 1」とほぼ同サイズです。

Anker Nano II 45WとAnker PowerPort Atom PD 1のサイズ比較
 
しかも、Anker Nano II 45Wプラグが格納できちゃいます。


 
MacBook Airの30W純正アダプターと比較しても、その差は歴然です。

Anker Nano II 45WとMacBook Air純正充電器のサイズ比較

重量も、同出力のGaN充電器である「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」より15g以上軽い、約68gにおさえています。

Anker Nano II 45Wの重量は約68g

Anker Nano II 45W

Anker PowerPort Atom III 45W Slimの重量

Anker PowerPort Atom III 45W Slim

最大45W出力に対応し、MacBook Airなら急速充電、MacBook Pro 13″でも通常充電が可能です。

Anker Nano II 45WはMacBook Pro13インチも通常充電可能

MacBook Pro(43.7W)

サイコロサイズの超小型設計で、あらゆるデジタル機器に高出力充電。

Anker Nano II 45Wは、スマホ充電器でもノートPC充電器でも使える45Wタイプでベストの完成度をもつ逸品です。

CIO NovaPort SOLO 65W

NovaPort SOLO 65W」は、1ポートタイプの60Wクラス充電器です。

CIO NovaPort SOLO 65Wは1ポートタイプの60Wクラス充電器
 
サイズは約52 × 41 × 28 mmで、MacBook Proの61W USB-C電源アダプタと並べると、半分未満にまで小型化できています。

NovaPort SOLO 65Wのサイズは約52 × 41 × 28 mm

 
同クラスの最小充電器「Anker Nano II 65W」や「CIO G65W1C」と比べても、ほぼ変わらぬサイズにおさまっています。

NovaPort SOLO 65WとAnker Nano II 65Wのサイズ比較

NovaPort SOLO 65WとCIO G65W1Cのサイズ比較
  
重量は前のCIO充電器よりやや重いものの、純正アダプターの半分未満であり、モビリティ性は十分。

NovaPort SOLO 65Wの重量は約95g

NovaPort SOLO 65W

CIO G65W1Cの重量

CIO G65W1C

Apple 61W USB-C電源アダプタ

 
USB-Cは最大65W出力に対応し、MacBook Airや14インチのProをはじめ、大抵のモバイルノートPCの急速充電が可能です。

NovaPort SOLO 65Wは14インチMacBook Proも急速充電可能

14インチMacBook Pro(58.4W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21で「超急速充電」と表示しました。

NovaPort SOLO 65WはPPSに対応

Galaxy S21(21.3W)

NovaPort SOLO 65Wは「スマホからモバイルノートPCまで、デバイス問わずに急速充電したい人」におすすめです。

 

Anker 317 Charger (100W)

Anker 317 Charger (100W) with USB-C & USB-C ケーブル」は、1ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。


 
サイズは約70 × 60 × 34 mmと、名刺ケース以下のコンパクトサイズであり、96W Apple 純正アダプタから約60%の小型化を実現しています。



 
重量は約209gであり、96W Apple 純正アダプタより100g程度軽いです。

ANKER

Apple

 
多くの充電器がケーブル別売りである中、本機は最大100W対応のUSB-Cケーブルも付属している点がポイント高いです。


 
最大100W出力であり、14インチMacBook Pro(12コアCPU)でも急速充電が可能です。


MacBook Pro(86.6W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホで20W以上の超急速充電が確認できました。


 
Anker 317 Charger (100W) with USB-C & USB-C ケーブルは、1ポート100Wチャージャーのマストバイモデルです。

2ポートタイプのおすすめUSB充電器

実用性の高いUSB充電器が2ポートタイプです。

僕自身、このタイプの使用頻度がもっとも高く、スマホとタブレット、ノートPCとスマホなどの組み合わせで充電することができます。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
Anker 323 Charger (33W)
約35 x 35 x 40mm 約56g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大33W
USB-C:最大33W
※ポート合計32W(20W+12W)出力
CIO NovaPort DUO 30W
約45 x 36 x 28 mm 約71g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大30W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO NovaPort DUO 45W
約45 x 36 x 28 mm 約63g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大45W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO NovaPort DUO 65W
約52 x 41 x 28 mm 約90g 2(USB-C x 2) USB-C(1):最大65W
USB-C(2):最大65W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W)出力
CIO NovaPort SLIM 65W
約85 x 47 x 14 mm 約110g 2(USB-C x 2) USB-C(1):最大67W
USB-C(2):最大67W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W)出力
Anker PowerPort III 2-Port 100W
約69 x 69 x 31 mm 約213g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大100W
※ポート合計100W(60W+40W)出力

 

Anker 323 Charger (33W)

2ポートタイプの30Wクラス充電器「Anker 323 Charger (33W)」です。

Anker 323 Charger (33W)は最大30W出力の2ポートUSB充電器
 
カラーはブラックホワイトの2色をとりそろえています。



 
2ポートながら約35 x 35 x 40 mmという、卵以下のコンパクトサイズにおさまっています。

Anker 323 Charger (33W)のサイズは約35 x 35 x 40 mm
 
同クラスの1ポート充電器で最小のAnker 511 Charger (Nano 3, 30W)と比べても、ひと回り大きい程度に収まっています。

Anker 323 Charger (33W)とAnker 511 Chargerのサイズ比較

 
重量も60gと抜群の軽量性を実現しています。

Anker 323 Charger (33W)の重量は60g
 
USB-Cを1ポート接続で最大33W出力でき、MacBook Airも急速充電可能です。

Anker 323 Charger (33W)はMacBook Airの急速充電に対応

MacBook Air(31.4W)

 
2ポート同時利用時は合計最大32W出力(20W + 12W)に制限され、出力上はノートPC + スマホの同時充電は厳しく、スマホ 2台あるいはタブレット + スマホの同時充電に適しています。


Galaxy S21 / iPhone(15.6W / 8.6W)

 
Anker 323 Charger (33W)は「ノートPC充電器でもスマホ充電器でも使えるコンパクトな2ポート充電器が欲しい人」におすすめです。

 

CIO NovaPort DUO 30W

1ポート使用ならノートPC用になる、2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器「NovaPort DUO 30W」です。

CIO NovaPort DUO 30Wは2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器
 
カラーはホワイトとブラックの2色があります。



 
表面にはキズつきにくいシボ加工が施され、長期間愛用できるデザインに仕上がっています。

NovaPort DUO 30Wの表面にシボ加工
 
サイズは約45 x 36 x 28 mmNovaPort DUO 45Wと共通の筐体きょうたいを採用し、卵サイズ未満の最小設計を実現しています。

CIO NovaPort DUO 30Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
NovaPort DUO 30Wと45Wのサイズは同一
 
同クラス1ポートのMacBook Airの純正充電器と比べても、半分未満におさまっています。

CIO NovaPort DUO 30Wと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
これまで同出力・同ポートの最小サイズであったInnergie C3 Duoと並べても、スリム設計であり、世界最小となっています。

CIO NovaPort DUO 30WとInnergie C3 Duoのサイズ比較

 
重量は約71gで、MacBook Air用充電器より軽いものの、NovaPort DUO 45Wのほうがなぜか軽いです。

CIO NovaPort DUO 30Wの重量は約71g

NovaPort DUO 30W(71g)

CIO NovaPort DUO 45Wの重量は約64g

NovaPort DUO 45W(64g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続では上下ともに各ポート最大30W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCも急速充電可能です。

CIO NovaPort DUO 30Wは1ポート接続でMacBook Air急速充電対応

MacBook Air(28.8W)

 
PPSにも対応し(3.0V-11.0V 3A)、Galaxy S21では「超急速充電」が確認できました。

CIO NovaPort DUO 30WはPPS対応

Galaxy S21(20.9W)

 
2ポート接続だと20Wずつに分配され、iPhone 2台やiPhone + Androidスマホはもちろん、iPhone + iPadの組み合わせでも同時に急速充電できます。

CIO NovaPort DUO 30Wの2ポート接続時は20Wずつ出力可能

NovaPort DUO 30Wは「ふだんはノートPCの充電器として使い、スマホやイヤホンもときどき充電したい人」におすすめです。

2ポート仕様の30W充電器は他になかなか無く、携帯性も抜群なので、ふだん使いで重宝します。

CIO NovaPort DUO 45W

1ポート使用ならノートPC用でも使える、2ポートタイプの40WクラスUSB-C充電器「NovaPort DUO 45W」です。

CIO NovaPort DUO 45Wは2ポートタイプの45WクラスUSB-C充電器
 
カラーはホワイトとブラックの2色があります。



 
サイズは約45 x 36 x 28 mmであり、卵サイズ未満の最小設計を実現しています。

CIO NovaPort DUO 45Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
 
MacBook Airの純正充電器(30W USB-C電源アダプタ)よりポート数が多いにもかかわらず、半分未満におさまっています。

CIO NovaPort DUO 45Wと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
ほぼ同仕様の出力ポートをもつ、これまでの最小サイズがAnker 521 Charger (Nano Pro)でしたが、本機はプラグが格納できるにもかかわらず、さらなるスリム化を実現しています。

CIO NovaPort DUO 45WとAnker 521 Charger (Nano Pro)のサイズ比較

 
重量は約63gで、Ankerで85g、MacBook Air用充電器でも100gちょっとなので、かなりの軽量設計であることが分かります。

CIO NovaPort DUO 45Wの重量は約63g

NovaPort DUO 45W(63g)

Anker 521 Charger (Nano Pro)の重量

Anker(85g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続だと上下いずれも各ポート最大45W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCなら、このサイズ感ながら急速充電も可能です。

CIO NovaPort DUO 45Wは1ポート接続で45W出力に対応

MacBook Pro(44.3W)

注意
13インチ・14インチ8コアCPUのMacBook Proでも充電可能ですが、通常充電になることがあります。
 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21を充電したところ「超急速充電」と表示され、PPSであることが確認できました。

CIO NovaPort DUO 45WはPPS対応

Galaxy S21(20.7W)

 
2ポート接続は20Wずつに分配され、iPhone 2台はもちろん、iPhone + その他スマホやiPhone + iPadといった組み合わせでも同時に急速充電でき、かなり使いやすいです。

CIO NovaPort DUO 45Wの2ポート接続時は20Wずつ出力可能

 
NovaPort DUO 45Wは「スマホ・タブレットを2台同時急速充電したい人かつ、ノートPCもときどき充電したい人」におすすめです。

 

CIO NovaPort DUO 65W

NovaPort DUO」は2ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器です。

CIO NovaPort DUOは65Wクラスの2ポート充電器
 
Nova Intelligence」という出力振り分け機能を搭載し、充電デバイスに組み合わせで最適な出力配分に振り分けてくれます。

USB-C(上) USB-C(下) Total
65W 65W
65W 65W
20W 45W 65W
20W 20W 40W
30W 30W 60W

 
表面には粗いシボ加工が施され、すりキズ・ひっかきキズの目立ちにくいデザインに仕上がっています。

CIO NovaPort DUOの表面は粗いシボ加工
   
サイズは約52 x 41 x 28mmであり、65Wクラスの2ポート充電器の中でもダントツに小さい卵サイズを実現しています。

CIO NovaPort DUOのサイズは約52 x 41 x 28mm

マクリン
なんと、クレカサイズ未満
 
同じく65Wの2ポートでも小さいほうである「Anker PowerPort III 2-Port 65W」と並べると、高さが4分の3におさえられ、本機がいかに小さいか分かります。

CIO NovaPort DUOとAnker PowerPort III 2-Port 65Wのサイズ比較

 
重量は約90gで、先ほどのAnkerやMacBook Air純正充電器すら100gを超える中、100gを切る軽量設計です。

CIO NovaPort DUOの重量

NovaPort DUO(90g)

Anker PowerPort III 2-Port 65Wの重量

Anker(135g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続では上下いずれも各ポート最大65W出力に対応し、MacBook Pro(13・14インチ8コアCPU)ふくめ、大抵のモバイルノートPCでも急速充電できます。

CIO NovaPort DUOは1ポート接続で最大65W出力対応

MacBook Pro(64.7W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホの充電時は「超急速充電」と表示されます。

CIO NovaPort DUOはPPS対応充電器

Galaxy S21(17.0W)

 
2ポート使用時はデバイスの組み合わせで出力が変わり、iPhone + iPadなら20Wずつの出力が可能となっています。

CIO NovaPort DUOはiPhoneとiPad miniの2台同時急速充電に対応

iPhone / iPad(15.8W / 16.7W)

 
それからMacBook Air 2台だと30Wずつの出力になります。

CIO NovaPort DUOはMacBook Airの2台同時急速充電に対応

MacBook Air1 / 2(28.6W / 30.3W)

マクリン
デバイスの自動認識でポート出力が変わるのは便利すぎ!
 
NovaPort DUOは「スマホ・タブレット・モバイルノートPCをあらゆる組み合わせで急速充電したい人」におすすめです。

CIO NovaPort SLIM 65W

NovaPort SLIM 65W」は2ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器です。

NovaPort SLIM 65Wは2ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器
 
特筆すべき点はその形状で、かの名作「Anker PowerPort Atom III Slim」と比べても厚みはほぼ同じ、ミントタブレットと並べてもひと回り大きい程度に収まっています。



 
Apple 67W USB-C電源アダプタと比べると、もはや異なるワット数なのではないかと勘違いするほどサイズの違いがあります。



 
これだけの極薄設計だと、コンセントに挿したときも邪魔にならないですし、ポケットにも簡単に忍ばせられます。



 
重量は約110gNovaPort DUO 65Wよりはやや重いものの、同クラスのMacBook Pro用アダプターの半分程度という軽量設計。

NovaPort SLIM 65Wの重量

NovaPort SLIM 65W(110g)

NovaPort DUO(92g)

MacBook Pro用(208g)

 
1ポート接続だと上下いずれも各ポート最大67W出力に対応し、MacBook Airはじめ、MacBook Proや大抵のモバイルノートPCでも急速充電できます。


MacBook Pro(64.3W)

 
2ポート接続時はデバイスに合わせて出力が自動配分され、スマホ2台なら20Wずつ出力します。


iPhone / Galaxy S21(19.4W / 20W)

 
MacBook Air(Pro)2台みたいな組み合わせでは30Wずつの出力になります。


MacBook Air / Pro(24.2W / 28.4W)

 
さらにMacBook Pro + スマホみたいなパターンでは45W + 20Wの出力配分になります。


MacBook Pro / Galaxy S21(43.5W / 17.0W)

 
NovaPort SLIM 65Wは「スマホ・タブレット・モバイルノートPCをあらゆる組み合わせで急速充電したい人」におすすめです。

 

Anker PowerPort III 2-Port 100W

Anker PowerPort III 2-Port 100W」は、2ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wは2ポートタイプのUSB-C急速充電器
 
サイズは約69 x 69 x 31 mmで手のひらに載る大きさであり、100Wクラスの2ポートではかなり小さくまとまっています。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wの約69 x 69 x 31 mm
  
同クラスであるMacBook Pro 14″の96W USB-C電源アダプタと比べても、約75%の小型化を実現しています。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wと14インチMacBook Pro充電器のサイズ比較

 
重量は約213gと、96W USB-C電源アダプタから80g程度軽量化できています。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wの重量

PowerPort III 2-Port 100W

96W USB-C電源アダプタ

 
100W対応のUSB-Cケーブルが別途必要で、絡みにくいケーブル「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」やThunderbolt 4対応の「Anker Thunderbolt4ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル
AnkerのThunderbolt4ケーブル
 
1ポート使用時は、PD規格最大でもある最大100W出力に対応し、14インチMacBook Proふくめ、ほぼ全てのデバイスが急速充電できます。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wは16インチMacBook Proの急速充電に対応

16インチMacBook Pro(89.0W)

  
2ポート使用時は上部:最大60W、下部:最大40Wに分配され、13インチMacBook ProとAirの組み合わせでも2台同時に急速充電できます。

Anker PowerPort III 2-Port 100WはMacBook ProとAirが同時急速充電可能

MacBook Pro 13 / MacBook Air(43.0W / 33.4W)

 
100Wの2ポートでありつつ、どこでも持ち運べるサイズ感。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wは「ノートPCでも2台同時に急速充電したい人」におすすめです。

3ポートタイプのおすすめUSB充電器

汎用性の高い3ポートタイプのUSB充電器です。

このタイプは多くありませんが、タブレット・スマホ複数台持ちでもカバーできます。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
CIO NovaPort TRIO
約43 x 28 x 59mm 約92g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C:各ポート最大65W
USB-A:最大18W
※ポート合計60W(45W+15W)出力
Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)
約50 x 40 x 39mm 約144g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-A:最大22.5W
USB-C:各ポート最大67W
※ポート合計64.5W出力
CIO NovaPort TRIO 65W3C
約43 x 28 x 59mm 約92g 3(USB-C x 3) USB-C:各ポート最大67W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W + 20W / 30W + 30W + 5W)出力
Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)
約60 x 42 x 39mm 約178g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計100W出力
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)
約80 x 43 x 32mm 約197g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計120W出力
CIO NovaPort TRIO 140W3C
約63 x 69 x 29.5mm 約227g 3(USB-C x 3) USB-C:各ポート最大140W
※ポート合計142W(100W + 30W / 67W + 67W / 67W + 45W + 30W / 45W + 45W + 45W)出力
CIO Polaris CUBE WALL
約54 × 84 × 38mm 約180g 6(USB-A x 1 / USB-C x 2 / ACコンセント x 3) USB-C:各ポート最大67W
USB-A:最大18W
※ポート合計60W(45W + 15W)出力

  

CIO NovaPort TRIO

CIO NovaPort TRIO 65W」は3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器です。

CIO NovaPort TRIO 65Wは3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器
 
USB-C x 2 + USB-Aのポート構成で使いやすく、3ポートながら約43 x 28 x 59mmの卵サイズを実現しています。

CIO NovaPort TRIO 65Wは約43 x 28 x 59mmの卵サイズ
 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分未満なのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)よりさらに小さいのは驚き。

CIO NovaPort TRIO 65WとApple 67W USB-C電源アダプタで比較

 
重量は同クラス唯一の100g切りで抜群の軽量設計となっています。

CIO NovaPort TRIO 65Wの重量は約92g

 
1ポート使用なら65W出力に対応し、13・14インチMacBook Pro(8コアCPUのみ)ふくめ、モバイルノートPCの急速充電が可能です。

CIO NovaPort TRIO 65WはMacBook Proの急速充電に対応

MacBook Pro(62.7W)

 
USB-C 2ポート接続時では「Nova Intelligence」という出力の自動振り分け機能に対応しています。

MacBook Air 2台みたいな組み合わせなら充電器側もそれを認識し、30Wずつの出力が可能となっています。

CIO NovaPort TRIO 65WはMacBook 2台同時充電可能

MacBook (29.1W / 28.2W)

 
ノートPC + スマホ(タブレット)の組み合わせでは、45W + 20W(つなぐ側が逆だと20W + 45W)出力で充電されます。


MacBook Pro(44.3W)

 
3ポート接続時はUSB-C(上)が最大45W出力で、残り2ポートで15Wを分け合う形に制限されるものの、ノートPC + モバイル機器 x 2台の3台同時充電が可能です。


 
CIO NovaPort TRIO 65Wは「ノートPC・スマホ・タブレットを同時充電したい人」におすすめです。

 

Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)

Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)」は、3ポートタイプの67WクラスUSB急速充電器です。


 
サイズは約50 x 40 x 39mmとキューブライクの形状で、同クラスの3ポートでは最小かつ卵サイズ



 
同社の3ポート充電器「Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)」と並べると、横幅は若干あるものの、奥行がかなり短くなっているのが分かります。



 
Anker 735 Chargerのように筒型で長いと、壁コンセントで差し込み口がゆるいとき、傾いたり外れる心配がありますが、立方体に近いAnker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)なら安心して使えます。

735 Charger

Prime Wall Charger

 
Apple 67W USB-C電源アダプタからはなんと、約50%の小型化を実現しています。



 
ただ重量は若干重め(146g)で、同クラスのApple充電器よりはさすがに軽いものの、この点では100gを切るNovaPort TRIO 65Wに軍配があがります。


CIO

Apple

 
USB-Cはいずれも単ポート最大67W出力に対応し、14インチMacBook Proふくむ60WクラスまでのノートPCの急速充電が可能です。



 
USB-A側は最大22.5W出力に対応し、スマホの急速充電は十分可能です。



 
USB-Cの2ポート接続では45W + 20Wで出力配分され、ノートPC + タブレット(スマホ)の同時充電に対応しています。



注意
MacBook Airなら急速充電可能ですが、Proだと通常充電になることがあります。
 
USB-Cポートを2つとも使う際は高出力側ポートが決まっているようで、PCの充電にはPCアイコンのある最上部ポートを使う必要があります。


 
3ポート接続時は42W + 12.5W + 10Wに分配されるようで、ノートPC + スマホ x 2の組み合わせで充電可能です。



 
Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)は「ノートPCも充電できる、小型でキューブ形状の3ポート充電器が欲しい人」におすすめです。

CIO NovaPort TRIO 65W3C

3ポートタイプの60WクラスUSB-C充電器「NovaPort TRIO 65W3C」です。

NovaPort TRIO 65W3Cは3ポートタイプの60WクラスUSB-C充電器
 
「Nova Intelligence」を搭載し、2ポート・3ポート接続時に最大65Wの範囲内でデバイスに合わせて出力を適切に配分してくれます。

USB-C1 USB-C2 USB-C3 Total
67W 67W
67W 67W
67W 67W
30W 30W 60W
45W 20W 65W
20W 20W 20W 60W
30W 30W 5W 65W

 
カラーはブラックホワイトの2色があります。



 
同クラス3ポート充電器で最小のNovaPort TRIO 65Wと同じ筐体を共有しているため、約43 x 28 x 59mmの卵サイズを実現しています。

CIO NovaPort TRIO 65W3Cは約43 x 28 x 59mmの卵サイズ
 
Apple 67W USB-C電源アダプタの約半分を実現するのみならず、30W USB-C電源アダプタよりコンパクトに仕上がっています。



 
重量は約113gと、3ポート充電器なのを忘れるほどの軽量設計。



 
USB-Cはいずれも各ポート最大67W出力に対応しています。


 
1ポート接続の場合、13・14インチMacBook Proをはじめ、ほぼ全モバイルノートPCの急速充電に対応しています。


MacBook Pro(63.8W)

 
MacBook Air/Pro 2台といった組み合わせだと、30Wずつの出力になります。

NovaPort TRIO 65W3CはノートPC 2台で30Wずつ出力可能

MacBook (28.1W / 29.3W)

 
MacBook Pro + スマホ(タブレット)でつなぐと、モバイル機器側が20W、ノートPC側は45Wで分配されます。


MacBook Pro / Galaxy S21(43.7W / 17.3W)

 
さらにスマホを3台つなぐと20Wずつに分かれ、スマホ充電器としても優秀。

NovaPort TRIO 65W3Cはスマホ3台で20Wずつ出力

iPhone / Galaxy S21(14.0W / 14.9W)

 
MacBook Air/Pro 2台とイヤホンを接続した場合、30Wずつと5Wに分配され、各デバイスに合わせた3台同時充電も余裕でこなせます。


MacBook Pro / Air / AirPods Pro 2(29.0W / 27.6W / 1.0W)

マクリン
3ポート充電器ならコレ最強!
 

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)」は、3ポートタイプの100WクラスUSB急速充電器です。


 
サイズは約60 x 42 x 39mmとやや横長ではあるものの、同クラスの3ポートでは最小におさまり、まさに卵サイズ。



 
同社の120W充電器「Anker 737 Charger」と並べても、奥行がかなりおさえられているのが分かります。



 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べると約45%もの小型化を実現し、同じく100W/3ポートのAnker 736 Chargerよりさらに小さいのが分かります。


Prime Wall Charger vs. Apple

Anker 736 Charger (Nano II 100W)とApple 96W USB-C電源アダプタのサイズ比較

736 Charger vs. Apple

 
重量は約177gであり、Anker 736 Chargerや96W純正アダプターが200〜300gである中、かなり軽くできています。

Prime Wall Charger

Anker 736 Charger (Nano II 100W)の重量は約205g

736 Charger

Apple

 
USB-Cは、1ポート接続だとどちらも最大100W出力に対応し、100W入力を要するMacBook Pro(14/16インチ)でも急速充電可能です。


16インチMacBook Pro(86.6W)

 
2・3ポート接続時は、いずれのポートでも合計最大100W出力に対応しています。
 
USB-C x 2でつないだときは60W + 40Wに分配されるようで、MacBook ProとAirのような組み合わせならノートPC 2台同時に急速充電できます。


MacBook Pro / Air(48.1W / 31.7W)

  
USB-C + Aの2ポート接続でも最大100Wに対応し、こちらはノートPC + スマホで充電可能です。


MacBook Pro / iPhone(71.5W / 10.4W)

 
3ポート接続時の出力は80W + 10W + 10Wに配分されるようで、ノートPC + スマホ(イヤホン・スマートウォッチ)x 2が同時充電できます。


注意
USB-Aと低出力側のUSB-Cにつないだ機器は通常充電になる可能性があります。
 
Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)は「ノートPCとモバイル機器が同時充電できる3ポートがほしい人」におすすめです。

Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)

Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)」は3ポートタイプの120WクラスUSB急速充電器です。

Anker 737 Chargerは3ポートタイプの120WクラスUSB-C急速充電器
 
USB-Cは各ポート最大100W出力、USB-Aは単ポート最大22.5Wで、複数ポート使用時に最大120Wの超高出力まで対応しています。

USB-C(上) USB-C(下) USB-A Total
100W 100W
100W 100W
22.5W 22.5W
合計120W 120W
合計120W 合計120W 120W
合計24W 24W
合計120W 120W

 
サイズは約80 x 43 x 32mmの筒形状でスリムに仕上がり、65Wクラスと比べても少し大きい程度におさまっています。

Anker 737 Chargerのサイズは約80 x 43 x 32mm
Anker 737 ChargerとAnker PowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ比較
 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べても、約40%小型化しています。

Anker 737 Chargerと96W USB-C電源アダプタの比較

 
重量は約197gと100WのAnker 736 Chargerよりなんと軽く、96W純正アダプターより100g程度軽量化しています。

Anker 737 Chargerの重量

Anker 737 Charger

Anker 736 Charger (Nano II 100W)の重量は約205g

Anker 736 Charger

Apple

 
1ポート接続ではいずれも最大100W出力に対応し、100WクラスのMacBook Proでも急速充電可能です。

Anker 737 Chargerの1ポート使用時は最大100W出力対応

16インチMacBook Pro(87.4W)

 
USB-Cの2ポート接続時は最大120W出力まで可能であり、各デバイスに適切な出力に分配してくれます。

MacBook Pro(13・14インチ8コアCPU)のような60WクラスのノートPCなら2台同時充電です。

Anker 737 Chargerは2ポート接続で最大120W対応

MacBook Pro/Pro(44.0W/44.8W)

注意
Dynamic Power Distribution機能はUSB-Cポートのみ対応しており、USB-Aポートには対応していません。
 
MacBook ProとAirを組み合わせると、充電器側も認識して適切に分配してくれます。


MacBook Pro/Air(55.2W/30.9W)

 
3ポート接続時の出力は100W + 10W + 10Wに配分されるようで、MacBook Pro + スマホ2台の組み合わせでも同時充電できます。


85.6W / 9.1W

注意
USB-A側のスマホやイヤホンは通常充電になる可能性があります。
 
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)は「ノートPCも複数台充電できる小型の3ポートがほしい人」におすすめです。

 

CIO NovaPort TRIO 140W3C

NovaPort TRIO 140W3C」は、3ポートタイプの140WクラスUSB-C充電器です。


 
単ポート接続時はUSB-C1〜C3ポートのいずれも最大140W出力というだけでなく、2・3ポート接続時ではデバイスに合わせて出力を適切に配分してくれます。

USB-C1 USB-C2 USB-C3 Total
140W 140W
140W 140W
140W 140W
100W 30W 130W
67W 67W 134W
67W 45W 30W 142W
45W 45W 45W 135W

 
140Wと既存の充電器で最高出力ながら、約63 x 69 x 29.5mmの手のひらサイズにおさめているのは見事。


横幅はクレカ未満

 
Apple 140W USB-C電源アダプタ(16インチMacBook Proの純正充電器)と並べると、同出力なのに半分くらいのサイズ感であり、技術力の高さを感じます。



 
重量は約234gとややずっしりですが、携帯するには全く問題ない重さです。

NovaPort TRIO 140W3C

Apple 140W USB-C電源アダプタ

 
単ポート接続だと各ポート最大140W出力に対応し、16インチMacBook Proふくめ、Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のように140W入力を要する超大容量モバイルバッテリーでも急速充電可能です。

128.8W入力を確認

 
2・3ポート接続時は出力自動振り分け機能「Nova Intelligence」に対応し、ノートPC + タブレットのセットなら100W + 30Wの出力、ノートPC同士なら67Wずつに分配されます。

MacBook / iPad Pro(88.9W / 25.0W)

MacBook x 2(65.3W / 64.2W)

 
さらに、ノートPCだけ3ポート接続したときは45Wずつに分かれ、超高出力充電器だけあり、無理なく全PCの充電をまかなえます。


50.1W / 44W / 14.6W

 
NovaPort TRIO 140W3Cは「ノートPC複数台でも同時充電できる3ポート充電器が欲しい人」におすすめです。

CIO Polaris CUBE WALL

CIO Polaris CUBE WALL」は、最大6台の機器を充電可能な、USBポート搭載電源タップです。


 
合計1,500WのACコンセント3つふくめ、計6つのインターフェースをそなえるにもかかわらず、接地面積はクレカと同程度におさまっています。


 
折りたたみプラグ自体が上部に設置されているおかげで、隣接するコンセント口の邪魔にならないのはありがたいです。




 
接続ポート数によって各ポートの出力は変わるものの、USB-Cのみ接続した際は、つないだデバイスに応じて最適な出力に配分してくれる電力自動振り分け機能「Nova Intelligence」に対応しています。

USB-C 1 USB-C 2 USB-A 1 Total
67W 67W
67W 67W
18W 18W
最大65W内で自動振り分け 65W
45W 18W 63W
15W 15W
45W 15W 60W

 
USB-Cは1ポート接続で最大67W出力に対応し、13・14インチMacBook Proふくめ、60WクラスのモバイルノートPCの急速充電に対応しています。


 
USB-C同士の接続であれば出力自動振り分けに対応し、ノートPC x 2なら30Wずつ、ノートPC + スマホ(タブレット)なら45W + 20Wに分配されます。

MacBook Air(28.37W / 28.42W)

MacBook Air / Galaxy S21(43.49W / 16.24W)

 
3ポート接続時はUSB-C1に45Wで、残り15Wを2ポートで分け合う形になるので、USB-A側の充電デバイスが通常充電になることがあります。



 
ACコンセントは、3方向設計のおかげでコンセント口同士が干渉することもなく、かなり使いやすいです。


 
USBポートと組み合わせれば、1つのコンセントから最大6台の電子機器の充電まで拡張でき、コンセントの少ない家でもめちゃくちゃ重宝します。

マクリン
日本の最大規格なので、小型家電やデスクトップPC・TV・ディスプレイなどにも使えますよ!

4ポートタイプのおすすめUSB充電器

ハイパワーの4ポートタイプUSB充電器です。

ノートPC複数台とスマホ・タブレットまで充電できるので、据え置き使用に適しています。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
CIO NovaPort QUAD 65W
約48 x 28 x 55mm 約100g 4(USB-C x 3 / USB-A x 1) USB-C:各ポート最大65W
USB-A:最大18W
※ポート合計65W(50W+15W)出力
MATECH Sonicharge 100W Pro X
約65 x 65 x 32.2mm 約203g 4(USB-C x 3 / USB-A x 1) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大20W
USB-A(1):最大22.5W
※ポート合計95W出力
Anker 547 Charger (120W)
約99 x 70 x 34mm 約392g 4(USB-C x 4) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大60W
USB-C(3):最大20W
USB-C(4):最大20W
※ポート合計120W(50W+30W+20W+20W)出力
Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)
約68 x 61 x 31mm 約234g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大100W
USB-A(1):最大22.5W
※ポート合計150W出力
Anker Prime Charging Station (6-in-1, 140W)
約162 × 79 × 18mm 約460g 6(USB-A x 2 / USB-C x 2 / ACコンセント x 2) USB-C:最大140W
USB-A:最大12W
ACコンセント:最大1000W
※USBポート合計140W出力
Anker Prime Desktop Charger (240W, 4 ports, GaN)
約105 × 79 × 34 mm 約656g(スタンド除く) 4(USB-C x 3 / USB-A x 1) USB-C(1):最大140W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大100W
USB-C(4):最大22.5W
※USBポート合計240W出力

  

CIO NovaPort QUAD 65W

4ポートの65Wクラス充電器「NovaPort QUAD 65W」です。

NovaPort QUADは4ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器
 
本機がすごいのはそのサイズで、わずか約48 x 28 x 55mmであり、ほぼ卵サイズを実現しています。

NovaPort QUADのサイズは約48 x 28 x 55mm
 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分近くなのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)より小さくおさまっているのはびっくり。

CIO NovaPort QUAD 65WとApple 67W USB-C電源アダプタで比較

マクリン
65Wの4ポートの充電器で文句なしの世界最軽量!

重量も67W純正充電器の約200gちょっとに対し、本機は100gジャストと抜群の軽量設計です。

CIO NovaPort QUAD 65Wの重量は約100g

 
1ポート使用時は最大65Wに対応し、13インチ・14インチMacBook Proふくめ、ほぼ全てのモバイルノートPCを急速充電できます。

CIO NovaPort QUAD 65WはMacBook Proの急速充電に対応

MacBook Pro(62.1W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21で「超急速充電」と表示し、20W以上の出力が確認できました。

CIO NovaPort QUAD 65WはPPSに対応

Galaxy S21(21.0W)

 
USB-C 2ポート使用時は「Nova Intelligence」に対応し、最大65Wまでの範囲で各デバイスに最適な出力を配分してくれます。

例えばMacBook Air x 2台なら30Wずつの出力、ノートPC + スマホでは、45W + 20W(接続側が逆だと20W + 45W)出力で充電されます。

MacBook (29.0W / 28.2W)

MacBook Pro(42.9W)

 
4ポート接続時は上2ポートが最大50W内で最適に振り分け、残り2ポートで15Wを分け合う形に制限されるものの、ノートPC + モバイル機器 x 3台の4台同時充電が可能です。


 
世界最小・最軽量の4ポートで、接続ポート数に合わせてノートPCからスマホまで急速充電できる柔軟性。

NovaPort QUAD 65Wは、持ち運びできる4ポート充電器なら、かなりおすすめのモデルです。

 

MATECH Sonicharge 100W Pro X

MATECH「Sonicharge 100W Pro X」は、4ポートタイプの100WクラスUSB充電器です。


 
USB-C単ポート使用時は最大100W出力ですが、接続ポート数によってワット数が異なります。

USB-C 1 USB-C 2 USB-C 3 USB-A Total
100W 100W
100W 100W
20W 20W
22.5W 22.5W
65W 30W 95W
65W 20W 85W
65W 22.5W 87.5W
65W 20W 85W
65W 22.5W 87.5W
10W 10W 20W
45W 30W 20W 95W
45W 30W 22.5W 97.5W
65W 10W 10W 85W
65W 10W 10W 85W
45W 30W 10W 10W 95W

 
同クラスの4ポート充電器では世界最小級の約65 x 65 x 32.2mmにおさまっています。


 
MacBook Proの96W純正アダプターと比べると、ポート数4倍にかかわらず、ひと回り小さいです。



 
重量はApple 96W純正アダプターの約3分の2にまでおさえています。



 
多くの充電器がケーブルをそなえていない中、本機は100W対応ケーブルに収納ケースまでしっかり付いているので良心的。


 
USB-C 1/2(上2つのポート)は、単ポート接続で最大100W出力でき、14・16インチMacBook Proふくめた多くのノートPCを急速充電可能です。



 
2ポート使用時は65W30Wに分配され、MacBook ProとAirといった組み合わせでも同時に急速充電できます。



 
USB-C1〜3を使って3台の機器を充電する場合、45W/30W/20Wに分かれるので、この場合もノートPCを2台充電しつつ、モバイル機器を充電するといったことができます。



 
4ポート全部使ったときは45W/30W/10W/10Wに出力されるので、ノートPC2台の充電は十分可能ですが、残り2ポートが10Wずつになるので、スマホだと通常充電になるケースがあるので注意ください。


 
Sonicharge 100W Pro Xは「ノートPC複数台とモバイル機器をまとめて充電したい人」におすすめです。

Anker 547 Charger (120W)

Anker 547 Charger (120W)」は、4ポートタイプの120WクラスUSB-C充電器です。

Anker 547 Charger (120W)の外観
 
4つのポートはいずれもUSB-Cで、単ポートでは左から順に最大100W 60W 20W 20W出力でき、接続ポート数によって出力ワット数が細かく分かれています。

USB-C 1 USB-C 2 USB-C 3 USB-C 4 Total
100W 100W
60W 60W
20W 20W
20W 20W
60W 60W 120W
90W 20W 110W
60W 20W 80W
90W 20W 110W
60W 20W 80W
20W 20W 40W
60W 30W 20W 110W
60W 30W 20W 110W
60W 20W 20W 100W
60W 20W 20W 100W
50W 30W 20W 20W 120W

 
本体には約1.5mの電源ケーブルが付属し、コンセントから離れた位置でもUSBポート部だけをすっきり見せられるのはうれしいポイント。


 
超高出力かつ4ポートなのをふまえると、約99 x 70 x 34mmの名刺ケースサイズなのは、結構がんばっています。

Anker 547 Charger (120W)のサイズは約99 x 70 x 34mm
 
重量は本体約392gでケーブル込みで約479gです。

Anker 547 Chargerの重量は単体で約392g

 
一番左のポートは、単ポート接続で最大100W出力に対応し、14インチ10コアCPUのMacBook Proをはじめ、あらゆるノートPCやUSB-Cデバイスが急速充電可能です。

Anker 547 Chargerは前の16インチMacBook Proでも急速充電可能な100W出力

16インチMacBook Pro(90.3W)

 
一番左とその隣のポートを組み合わせれば最大60Wずつ出力可能で、13インチ・14インチMacBook Proまでならなんと2台同時に急速充電可能です。

Anker 547 ChargerはMacBook 2台同時充電可能
 
4ポート接続時は50W + 30W + 20W + 20Wに分配されるため、MacBook Pro + MacBook Air + iPad + iPhoneの組み合わせでも同時に急速充電可能です。

Anker 547 Chargerは4ポート合計最大120W出力対応

マクリン
複数ポート接続時も最低20W以上の出力をキープ!

Anker 547 Charger (120W)は「据え置きタイプでパソコン2台 + スマホ・タブレット2台を一気に充電したい人」におすすめです。

 

Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)

Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)」は、4ポートタイプの150WクラスUSB-C充電器です。

Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)は4ポートタイプの150Wクラス充電器
 
USB-Cは単ポート最大100W出力、USB-Aは単ポート最大22.5Wで、複数ポート使用時も最大150Wまで対応しています。

USB-C1 USB-C2 USB-C3 USB-A Total
100W 100W
100W 100W
100W 100W
22.5W