ガジェットのおすすめ

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドをレビュー!持ち運びにぴったりの折りたたみ式充電スタンド

評価:4

どうも、iPhone 15ユーザーのマクリンです。

12シリーズ以降のiPhoneは新しいワイヤレス充電規格「Qi2チーツー」対応なので、せっかくならこれを活かすワイヤレス充電器を使いたいところ。

「Qi2」は2024年1月に発表されたQiの最新規格です。

Qi2とQiの大きな違いは2点あり、その1つが「マグネット固定に対応した」という点です。

iPhoneにも「MagSafe」というマグネット接続技術があるものの、Apple独自の技術であり、Qi自体に組み込まれている技術ではありませんでした。

それ自体をQiに組み込めないかということで、Appleの技術協力を得てQi2には「Magnetic Power Profile(MPP)」というマグネット固定技術が入っています。

MPPはMagSafeとの互換性を確保したものとなっているので、iPhone 15はQi2対応であり、13/14シリーズもiOSのアップデートのみでQi2対応を実現しています。 

Qi2対応のAndroidスマホは今後出てくる予定ですが、そうなるとiPhone・Android関係なく、マグネット固定しながらワイヤレス充電できるようになります。

Qi2のもう1個の違いが最大出力、つまりワット数です。

Qiのときはワイヤレス充電器自体の性能やスマホの仕様によって、最大出力は5〜15Wと幅がありました。

一方Qi2では、最大出力が15Wと固定化されました。つまり、Qi2対応スマホとQi2対応充電器の組み合わせであれば、もれなく15W出力を実現できるということになります。


 
質の高いApple公式アクセサリーで知られるBelkinより「Qi2ワイヤレス充電スタンド」がいち早く登場しました。

こちらはQi2対応スマホのワイヤレス充電に対応し、最大15Wの高速ワイヤレス充電を実現しています。

そのまま使えばパッド型、充電パッドを起こすとスタンド型に変形でき、シーンに応じてフレキシブルに使えます。

そこで本記事は外観と特徴に触れた後、出力面を紹介していきます。

メリット
  • 好きな角度で使える折りたたみ機構
  • Qi2対応スマホの高速ワイヤレス充電可能
  • パッド型でもスタンド型でも使える
デメリット
  • 若干重い
ご提供品
本記事はベルキン様から商品を提供いただき、レビューしています。

本記事のリンクには広告がふくまれています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドの外観

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドは、Qi2対応スマホを高速充電できるワイヤレス充電スタンドです。

製品名 Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンド
サイズ 約87 x 66 x 23mm
重さ 約196g
カラー ブラック、ホワイト
出力ポート数 1(マグネット式ワイヤレス)
出力 マグネット式:15W
※12シリーズ以前のiPhoneやQi対応スマホには最大7.5Wの出力となります。
入力 20W

 
全体的にラバー素材で質感は高いものの、ホコリはやや付きやすいです。


 
底面はグリップ性のより高いラバーになっていて、滑りにくくできています。


 
表面はQi2対応スマホ用のマグネット式ワイヤレス充電部となっています。


 
完全格納した状態だとかなりコンパクトにおさまり、手のひらミラーくらいのサイズ感です。


 
本機の特徴はユニークな変形機構にあり、格納時はパッド型で使えます。


 
充電パッド部を水平にひっぱり出すと、スタンド型への変形を開始し、パッドと台座を連結しているアームが露出します。



マクリン
ひっぱり出しにはちょっと力が要るのでその点は注意ください…!

引き上げた充電パッドは、0〜70°まで無段階で角度調節できるようになっています。




 
アームを少し下げると、充電パッド部を垂直にすることもできます。


 
充電パッド部を開放した状態では、もはやパッド型であったことを忘れるほど完全なスタンド型へとトランスフォームします。


 
重量は約196gとスマホレベルではあるものの、単一のワイヤレス充電器としてはやや重め(その分安定感があるともいえますが)


 
付属品は本体とUSB-C & USB-C ケーブル(1.5m)です。


 
電源アダプターは付属していないので、Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)など30W対応充電器が別途必要になります。


 

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドのレビュー

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドの特徴を紹介します。

 

Qi2対応スマホなら最大15Wのワイヤレス充電可能

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドはiPhone 15ふくむQi2対応スマホであれば最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能となっています。



有線充電でも最大20W程度なので、ほとんど変わらぬ充電効率を実現しています。

マクリン
フル充電までなんと3時間足らず!

前述のとおり、充電部を起こせばスタンド型でもワイヤレス充電可能です。


 
充電部を起点にマグネットで360°回転できるので、横向きでも当然くっつけられます。

動画視聴しながら充電

SNS見ながら充電

 
角度も0〜70°まで無段階チルトでき、見やすい角度に細かく合わせられます。



 

Qi対応イヤホンも充電可能

同じ充電パッドを用い、Qi2対応スマホだけでなく、AirPodsなどQi対応イヤホンもワイヤレス充電可能です。

AirPods Pro

Technics EAH-AZ80

 
AirPodsはMagSafe対応でもあるので、スタンド型でもこんな感じでマグネットでくっつきます。


 
イヤホンの場合、最大出力は5Wにしぼられるものの、それでもイヤホンの急速充電には十分事足ります。


 

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドはこんな人におすすめ

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドは「卓上でも出先でも使うQi2対応スマホ用のワイヤレス充電器が欲しい人」におすすめです。

重量こそやや重いものの、コンパクトにおさまり、持ち運びにぴったりのサイズ感におさめています。

シーンに応じてパッド型とスタンド型に変形できるので、充電中にスマホ操作したい人にもありがたい仕様です。

ただし、1デバイスのみのワイヤレス充電にとどまるので、2-in-1あるいは3-in-1タイプが欲しい人はBelkin 2 in 1 Qi2ワイヤレス充電器Anker MagGo Wireless Charging Station (Foldable 3-in-1)がおすすめです。

 

Belkin Qi2ワイヤレス充電スタンドレビューまとめ

本記事ではBelkin Qi2ワイヤレス充電スタンドをレビューしました。

パッド型でもスタンド型でも使え、Qi2対応スマホ用のワイヤレス充電器として現状最有力のモデルでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 好きな角度で使える折りたたみ機構
  • Qi2対応スマホの高速ワイヤレス充電可能
  • パッド型でもスタンド型でも使える
デメリット
  • 若干重い
Belkin 2 in 1 Qi2ワイヤレス充電器をレビュー!2台以上の端末を同時充電できるコンパクトなQi2対応充電パッド Anker MagGo Wireless Charging Station (Foldable 3-in-1)をレビュー!折りたたみ式で軽量コンパクトな3-in-1ワイヤレス充電器 【置くだけ】iPhoneにも最適なQi2対応ワイヤレス充電器おすすめ6選 【2024年】今すぐ買うべきUSB急速充電器のおすすめ20選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です