新生活セールのおすすめ

窒化ガリウム(GaN)採用の超小型充電器おすすめベスト10

どうも、100台以上の充電器と共存するマクリン( @Maku_ring)です。

実はUSB急速充電器に新しい波が来ているのをご存知ですか?

マクリン

それが窒化ちっかガリウムです!
チッカガリウムってそもそもなんなの?

ヨメリン

窒化ガリウム(GaN)自体は素材の名称で、次世代のパワー半導体の一種です。

半導体
電気抵抗値が金属と絶縁体の中間にある固体物質の総称。電圧値によって金属的あるいは絶縁体的にふるまうことで、スイッチの役割を果たす。

USB充電器のスイッチ部分に窒化ガリウムを採用することで、高出力をキープしつつ、従来の充電器(シリコン)より軽量小型化を実現することができます。

充電デバイスが高出力化していく中、窒化ガリウムは次世代の充電器でキーとなる技術です。

AnkerCIOを筆頭に、窒化ガリウム採用モデルが増えてきましたので、本記事ではその中でも僕がおすすめするベスト10を紹介いたします。

本記事のリンクには広告がふくまれています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

窒化ガリウム(GaN)採用の小型USB充電器ベスト10

従来の充電器は、電源をオンオフするスイッチ部分にシリコン(Si)を用いています。

近年の充電器はノートPCも想定しているため、高出力であることが求められています。

高出力の要求に対し、各バッテリーメーカーは大容量のUSB給電規格「Power Delivery(PD)」で対応してきました。

しかし、Si素材のままPDで高出力に対応することは、2つの問題を抱えていました。

マクリン
それが熱と大型化……!

Siデバイスで高出力の電源をオンオフすると時間を要するため、発熱をその分ともない、その発熱をおさえるために製品を大型化しなくてはいけませんでした。

この問題を解決するために、短い時間で電流・電圧をオンオフできる(=電力効率のすぐれた)素材を選ぶ必要がありました。

そしてSiの代替材料を検討した結果、Siよりも耐圧性と電力効率の高い窒化ガリウム(GaN)に行き着いたのです。

RAVPowerは窒化ガリウム(GaN)を充電器に採用

マクリン
GaNの採用で、発熱リスクをおさえ、安全性を確保しながら製品小型化が可能になったんですよ!
 
そんなわけでGaN採用の小型USB充電器ベスト10を紹介いたします。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
10位「Anker PowerPort Atom III Slim
約75 x 46 x 16mm 約57g 1(USB-C x 1) USB-C:最大30W
9位「Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)
約36 x 29 x 29mm 約38g 1(USB-C x 1) 最大30W
8位「Anker Nano II 65W
約44 × 42 × 36 mm 約112g 1(USB-C x 1) 最大45W
7位「Anker 323 Charger (33W)
約35 x 35 x 40mm 約56g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大33W
USB-C:最大33W
※ポート合計32W(20W+12W)出力
6位「CIO NovaPort SLIM 65W
約85 x 47 x 14 mm 約110g 2(USB-C x 2) USB-C(1):最大67W
USB-C(2):最大67W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W)出力
5位「Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)
約66 × 38 × 29mm 約124g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-A:最大22.5W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計65W出力
4位「CIO NovaPort TRIO 65W3C
約43 x 28 x 59mm 約92g 3(USB-C x 3) USB-C:各ポート最大67W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W + 20W / 30W + 30W + 5W)出力
3位「Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)
約80 x 43 x 32mm 約197g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計120W出力
2位「Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)
約60 x 42 x 39mm 約178g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計100W出力
1位「CIO NovaPort TRIO 140W3C
約63 x 69 x 29.5mm 約227g 3(USB-C x 3) USB-C:各ポート最大140W
※ポート合計142W(100W + 30W / 67W + 67W / 67W + 45W + 30W / 45W + 45W + 45W)出力

ベスト3から読む
 

第10位:Anker PowerPort Atom III Slim

Anker PowerPort Atom III Slim」は、世界最薄の30W出力対応USB-C急速充電器です。

Anker PowerPort Atom III Slimは1ポートタイプの30W出力対応USB-C急速充電器

マクリン
表⾯はスタイリッシュなメッシュ加⼯で、デザイン性にもこだわって作られてますよ!

最大出力は30Wであり、MacBook Airならば急速充電できる高出力です。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30WでMacBook・MacBook Airならば急速充電できる高出力

MEMO
iPad Pro、iPhone、Galaxy、Nintendo Switchなどにも急速充電可能です。
 
サイズは約75 x 46 x 16mmで、指ではさめる極小サイズにおさまっています。

Anker PowerPort Atom III Slimは指でつまめる極小サイズ
Anker PowerPort Atom III Slimのサイズ

Anker PowerPort Atom PD 1Anker PowerPort III miniと比べると、床置き面積は大きいものの、1.6cmの薄さは断トツで、さすが世界最薄といえる仕上がりになっています。

Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較

MacBook Airの純正アダプター(30W)と比べても、その薄さは際立っています。

Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

重量は純正アダプターの約106gに対し、Anker PowerPort Atom III Slimは約57gと約半分の軽量化を実現し、世界最軽量(約54g)のAnker PowerPort Atom PD 1に迫る軽さです。

MacBook Airの重量
Anker PowerPort Atom III Slimの重量
Anker PowerPort Atom PD1の重量

Anker PowerPort Atom III Slimは、最大30W出力のUSB-Cを備えています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30W出力のUSB-C搭載
 
USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応
 
USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを超える値を示していました。

PowerPort Atom III Slim x iPhone(13.8W)

 
USB-Cは最大30W出力に対応しているため、MacBook Airや一部のノートPCも急速充電することができます。

Anker PowerPort Atom III SlimはMacBook Airや一部のノートPCも急速充電できる
 
MacBook Air充電時の出力値は、最大出力に迫る27.8Wであり、PowerIQ 3.0の能力が発揮されていました。

PowerPort Atom III Slim x MacBook(27.8W)

 
世界最薄かつ折りたたみプラグ式で、ノートPCふくめてあらゆるデバイスにフルスピード充電。

Anker PowerPort Atom III Slimは、30W出力の1ポート充電器として大本命の充電器です。

Anker PowerPort Atom III Slimレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom III Slimレビュー】GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C充電器  
45Wバージョン

Anker PowerPort Atom III 45W Slimレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom III 45W Slimレビュー】フリスクサイズで最大45W出力に対応するUSB-C充電器  

第9位:Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)」は、1ポートタイプの30W充電器です。

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)は1ポートタイプの30W充電器
 
サイズは約36 x 29 x 29mmと同クラスの最小設計であり、もちろん卵サイズ未満です。

Anker 511 Chargerのサイズは約36 x 29 x 29mm
 
同クラスのAnker 711 Charger (Nano II 30W)BELLEMOND Ultra Mini 30Wとほぼ同等であり、これまでプラグむき出しでないと実現できなかった極小サイズを、格納型で実現できるようになりました。

Anker 511 ChargerとAnker 711 Chargerのサイズ比較
Anker 511 ChargerとBELLEMOND Ultra Mini 30Wのサイズ比較

  
MacBook Airの30W純正アダプターと並べても、約70%程度小型化できています。

Anker 511 ChargerとMacBook Air 30W純正アダプターのサイズ比較

 
重量は約38gであり、同クラスの最軽量にせまりつつ、MacBook Air充電器と比べても半分未満の軽量設計です。

Anker 511 Chargerの重量は38g

Anker 511 Charger

Anker 711 Charger

Apple 30W純正アダプター

 
USB-Cは最大30W出力にまで対応し、MacBook Airでも急速充電可能です。

Anker 511 ChargerはMacBook Airも急速充電可能

MacBook Air(30W)

  
iPhone 14 Pro充電時も22W以上を記録し、高速充電にもしっかり対応していることが確認できました。

Anker 511 ChargerはiPhone 14 Proを急速充電可能

iPhone 14 Pro(22.4W)

 
PPSにも対応し、Galaxy S21などPPS対応スマホとの組み合わせで、20W以上の超急速充電に対応しています。

Anker 511 ChargerはPPSに対応

 
Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)は「プラグが格納できるiPhone 14・MacBook Air用充電器が欲しい人」におすすめのモデルです。

第8位:Anker Nano II 65W

世界最小級の65W出力対応PD対応急速充電器「Anker Nano II 65W」です。

Anker Nano II 65Wは1ポートタイプの65W充電器

最大出力は65Wで、MacBook Pro 13インチをはじめ、あらゆるモバイルノートPCが急速充電できます。

Nano II 30WNano II 45Wに続くシリーズの長男的な立ち位置で、サイズ・ワット数ともに最大となっています。

Anker Nano IIシリーズの充電器
 
とはいえ、クレカサイズ未満であり、一般的にはコンパクトといって差し支えないレベル。

Anker Nano II 65Wのサイズは約44 × 42 × 36 mm
 
同クラスである13インチMacBook Pro純正アダプターと並べても、約60%の小型化を実現しています。

Anker Nano II 65WとMacBook Pro13インチ純正アダプターの比較

 
重量も純正アダプターの半分近くまでの軽量化に成功し、60Wクラスとしてはかなり優秀。

MacBook Pro 13″

Anker Nano II 65Wの重量

Nano II 65W

 
USB-Cは最大65W出力に対応し、MacBook Pro 13″ふくめ、USB-C充電に対応するモバイルノートPCの急速充電が可能です。

Anker Nano II 65Wは13インチMacBook Proも急速充電可能

MacBook Pro(57.7W)

MEMO
MacBook Pro(13インチ)をカラの状態から充電したところ、約90分でフル充電が確認できました。
 
Anker Nano II 65Wは、スマホからノートPCまであらゆる機器の充電をカバーし、1ポート充電器では最適といえる出来でした。

Anker Nano II 65Wレビューはこちら

【Anker Nano II 65Wレビュー】世界最小級の最大65W出力のUSB-C充電器  

第7位:Anker 323 Charger (33W)

2ポートタイプの30Wクラス充電器「Anker 323 Charger (33W)」です。

Anker 323 Charger (33W)は最大30W出力の2ポートUSB充電器
 
カラーはブラックホワイトの2色をとりそろえています。



 
2ポートながら約35 x 35 x 40 mmという、卵以下のコンパクトサイズにおさまっています。

Anker 323 Charger (33W)のサイズは約35 x 35 x 40 mm
 
同クラスの1ポート充電器で最小のAnker 511 Charger (Nano 3, 30W)と比べても、ひと回り大きい程度に収まっています。

Anker 323 Charger (33W)とAnker 511 Chargerのサイズ比較

 
重量も60gと抜群の軽量性を実現しています。

Anker 323 Charger (33W)の重量は60g
 
USB-Cを1ポート接続で最大33W出力でき、MacBook Airも急速充電可能です。

Anker 323 Charger (33W)はMacBook Airの急速充電に対応

MacBook Air(31.4W)

 
2ポート同時利用時は合計最大32W出力(20W + 12W)に制限され、出力上はノートPC + スマホの同時充電は厳しく、スマホ 2台あるいはタブレット + スマホの同時充電に適しています。


Galaxy S21 / iPhone(15.6W / 8.6W)

 
Anker 323 Charger (33W)は「ノートPC充電器でもスマホ充電器でも使えるコンパクトな2ポート充電器が欲しい人」におすすめです。

第6位:CIO NovaPort SLIM 65W

NovaPort SLIM 65W」は2ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器です。

NovaPort SLIM 65Wは2ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器
 
特筆すべき点はその形状で、かの名作「Anker PowerPort Atom III Slim」と比べても厚みはほぼ同じ、ミントタブレットと並べてもひと回り大きい程度に収まっています。



 
Apple 67W USB-C電源アダプタと比べると、もはや異なるワット数なのではないかと勘違いするほどサイズの違いがあります。



 
これだけの極薄設計だと、コンセントに挿したときも邪魔にならないですし、ポケットにも簡単に忍ばせられます。



 
重量は約110gNovaPort DUO 65Wよりはやや重いものの、同クラスのMacBook Pro用アダプターの半分程度という軽量設計。

NovaPort SLIM 65Wの重量

NovaPort SLIM 65W(110g)

NovaPort DUO(92g)

MacBook Pro用(208g)

 
1ポート接続だと上下いずれも各ポート最大67W出力に対応し、MacBook Airはじめ、MacBook Proや大抵のモバイルノートPCでも急速充電できます。


MacBook Pro(64.3W)

 
2ポート接続時はデバイスに合わせて出力が自動配分され、スマホ2台なら20Wずつ出力します。


iPhone / Galaxy S21(19.4W / 20W)

 
MacBook Air(Pro)2台みたいな組み合わせでは30Wずつの出力になります。


MacBook Air / Pro(24.2W / 28.4W)

 
さらにMacBook Pro + スマホみたいなパターンでは45W + 20Wの出力配分になります。


MacBook Pro / Galaxy S21(43.5W / 17.0W)

 
NovaPort SLIM 65Wは「スマホ・タブレット・モバイルノートPCをあらゆる組み合わせで急速充電したい人」におすすめです。

 

第5位:Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)」は3ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器です。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器
 
サイズは約66 × 38 × 29mmの筒形状で、卵よりやや横幅はあるものの、高さは同程度におさまっています。

Anker 735 Chargerのサイズは約66 × 38 × 29mm
 
前モデル「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」とはほぼ同サイズですが、USB-C上下いずれも65W対応になったことで、ポートのアイコンが「PC + スマホ」から「PCのみ」に変わりました。

Anker 735 ChargerとPowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ比較

 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分程度なのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)とも遜色ないサイズ感。

Anker 735 ChargerとApple 67W USB-C電源アダプタで比較
Anker 735 ChargerとApple 30W USB-C電源アダプタで比較
 
重量は約124gで同クラス最軽量のNovaPort TRIO 65Wにはさすがにおよばないものの、同クラスのApple充電器から80g程度軽い設計です。


CIO NovaPort TRIO 65Wの重量は約92g

 
USB-Cはいずれも単ポート最大65W出力に対応し、13・14インチMacBook Proの急速充電が可能です。

Anker 735 ChargerのUSB-Cは最大65Wに対応

MacBook Pro(59.5W)

 
USB-C複数ポート接続時に最大65Wまでの範囲内で、各デバイスに適切な出力に分配してくれる機能(Dynamic Power Distribution機能)を搭載しています。

例えばMacBook 2台のときは充電器側もそれを認識し、30Wずつ出力されます。

Anker 735 ChargerはDynamic Power Distribution機能対応

MacBook (31.9W / 27.8W)

 
つづいてノートPC + スマホで充電すると、これらは45W + 20W出力に配分されます。


MacBook / スマホ(42.7W / 14.4W)

注意
Dynamic Power Distribution機能はUSB-Cポートのみ対応しており、USB-Aポートには対応していません。
 
3ポート接続時は40W + 15W + 10Wに分配されるようで、MacBook Air + iPhone 13 + AirPodsといった組み合わせでも一気に急速充電できます。

Anker 735 Chargerの3ポート接続時はMacBook AirとiPhone、AirPodsで急速充電可能

28W / 11.1W / 9.7W

 
Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は「ノートPC・スマホ・イヤホンを同時充電したい人」におすすめです。

第4位:CIO NovaPort TRIO 65W3C

3ポートタイプの60WクラスUSB-C充電器「NovaPort TRIO 65W3C」です。

NovaPort TRIO 65W3Cは3ポートタイプの60WクラスUSB-C充電器
 
「Nova Intelligence」を搭載し、2ポート・3ポート接続時に最大65Wの範囲内でデバイスに合わせて出力を適切に配分してくれます。

USB-C1 USB-C2 USB-C3 Total
67W 67W
67W 67W
67W 67W
30W 30W 60W
45W 20W 65W
20W 20W 20W 60W
30W 30W 5W 65W

 
カラーはブラックホワイトの2色があります。



 
同クラス3ポート充電器で最小のNovaPort TRIO 65Wと同じ筐体を共有しているため、約43 x 28 x 59mmの卵サイズを実現しています。

CIO NovaPort TRIO 65W3Cは約43 x 28 x 59mmの卵サイズ
 
Apple 67W USB-C電源アダプタの約半分を実現するのみならず、30W USB-C電源アダプタよりコンパクトに仕上がっています。



 
重量は約113gと、3ポート充電器なのを忘れるほどの軽量設計。



 
USB-Cはいずれも各ポート最大67W出力に対応しています。


 
1ポート接続の場合、13・14インチMacBook Proをはじめ、ほぼ全モバイルノートPCの急速充電に対応しています。


MacBook Pro(63.8W)

 
MacBook Air/Pro 2台といった組み合わせだと、30Wずつの出力になります。

NovaPort TRIO 65W3CはノートPC 2台で30Wずつ出力可能

MacBook (28.1W / 29.3W)

 
MacBook Pro + スマホ(タブレット)でつなぐと、モバイル機器側が20W、ノートPC側は45Wで分配されます。


MacBook Pro / Galaxy S21(43.7W / 17.3W)

 
さらにスマホを3台つなぐと20Wずつに分かれ、スマホ充電器としても優秀。

NovaPort TRIO 65W3Cはスマホ3台で20Wずつ出力

iPhone / Galaxy S21(14.0W / 14.9W)

 
MacBook Air/Pro 2台とイヤホンを接続した場合、30Wずつと5Wに分配され、各デバイスに合わせた3台同時充電も余裕でこなせます。


MacBook Pro / Air / AirPods Pro 2(29.0W / 27.6W / 1.0W)

マクリン
3ポート充電器ならコレ最強!
 

第3位:Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)

Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)」は3ポートタイプの120WクラスUSB急速充電器です。

Anker 737 Chargerは3ポートタイプの120WクラスUSB-C急速充電器
 
USB-Cは各ポート最大100W出力、USB-Aは単ポート最大22.5Wで、複数ポート使用時に最大120Wの超高出力まで対応しています。

USB-C(上) USB-C(下) USB-A Total
100W 100W
100W 100W
22.5W 22.5W
合計120W 120W
合計120W 合計120W 120W
合計24W 24W
合計120W 120W

 
サイズは約80 x 43 x 32mmの筒形状でスリムに仕上がり、65Wクラスと比べても少し大きい程度におさまっています。

Anker 737 Chargerのサイズは約80 x 43 x 32mm
Anker 737 ChargerとAnker PowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ比較
 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べても、約40%小型化しています。

Anker 737 Chargerと96W USB-C電源アダプタの比較

 
重量は約197gと100WのAnker 736 Chargerよりなんと軽く、96W純正アダプターより100g程度軽量化しています。

Anker 737 Chargerの重量

Anker 737 Charger

Anker 736 Charger (Nano II 100W)の重量は約205g

Anker 736 Charger

Apple

 
1ポート接続ではいずれも最大100W出力に対応し、100WクラスのMacBook Proでも急速充電可能です。

Anker 737 Chargerの1ポート使用時は最大100W出力対応

16インチMacBook Pro(87.4W)

 
USB-Cの2ポート接続時は最大120W出力まで可能であり、各デバイスに適切な出力に分配してくれます。

MacBook Pro(13・14インチ8コアCPU)のような60WクラスのノートPCなら2台同時充電です。

Anker 737 Chargerは2ポート接続で最大120W対応

MacBook Pro/Pro(44.0W/44.8W)

注意
Dynamic Power Distribution機能はUSB-Cポートのみ対応しており、USB-Aポートには対応していません。
 
MacBook ProとAirを組み合わせると、充電器側も認識して適切に分配してくれます。


MacBook Pro/Air(55.2W/30.9W)

 
3ポート接続時の出力は100W + 10W + 10Wに配分されるようで、MacBook Pro + スマホ2台の組み合わせでも同時充電できます。


85.6W / 9.1W

注意
USB-A側のスマホやイヤホンは通常充電になる可能性があります。
 
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)は「ノートPCも複数台充電できる小型の3ポートがほしい人」におすすめです。

第2位:Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)

Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)」は、3ポートタイプの100WクラスUSB急速充電器です。


 
サイズは約60 x 42 x 39mmとやや横長ではあるものの、同クラスの3ポートでは最小におさまり、まさに卵サイズ。



 
同社の120W充電器「Anker 737 Charger」と並べても、奥行がかなりおさえられているのが分かります。



 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べると約45%もの小型化を実現し、同じく100W/3ポートのAnker 736 Chargerよりさらに小さいのが分かります。


Prime Wall Charger vs. Apple

Anker 736 Charger (Nano II 100W)とApple 96W USB-C電源アダプタのサイズ比較

736 Charger vs. Apple

 
重量は約177gであり、Anker 736 Chargerや96W純正アダプターが200〜300gである中、かなり軽くできています。

Prime Wall Charger

Anker 736 Charger (Nano II 100W)の重量は約205g

736 Charger

Apple

 
USB-Cは、1ポート接続だとどちらも最大100W出力に対応し、100W入力を要するMacBook Pro(14/16インチ)でも急速充電可能です。


16インチMacBook Pro(86.6W)

 
2・3ポート接続時は、いずれのポートでも合計最大100W出力に対応しています。
 
USB-C x 2でつないだときは60W + 40Wに分配されるようで、MacBook ProとAirのような組み合わせならノートPC 2台同時に急速充電できます。


MacBook Pro / Air(48.1W / 31.7W)

  
USB-C + Aの2ポート接続でも最大100Wに対応し、こちらはノートPC + スマホで充電可能です。


MacBook Pro / iPhone(71.5W / 10.4W)

 
3ポート接続時の出力は80W + 10W + 10Wに配分されるようで、ノートPC + スマホ(イヤホン・スマートウォッチ)x 2が同時充電できます。


注意
USB-Aと低出力側のUSB-Cにつないだ機器は通常充電になる可能性があります。
 
Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)は「ノートPCとモバイル機器が同時充電できる3ポートがほしい人」におすすめです。

 

第1位:CIO NovaPort TRIO 140W3C

NovaPort TRIO 140W3C」は、3ポートタイプの140WクラスUSB-C充電器です。


 
単ポート接続時はUSB-C1〜C3ポートのいずれも最大140W出力というだけでなく、2・3ポート接続時ではデバイスに合わせて出力を適切に配分してくれます。

USB-C1 USB-C2 USB-C3 Total
140W 140W
140W 140W
140W 140W
100W 30W 130W
67W 67W 134W
67W 45W 30W 142W
45W 45W 45W 135W

 
140Wと既存の充電器で最高出力ながら、約63 x 69 x 29.5mmの手のひらサイズにおさめているのは見事。


横幅はクレカ未満

 
Apple 140W USB-C電源アダプタ(16インチMacBook Proの純正充電器)と並べると、同出力なのに半分くらいのサイズ感であり、技術力の高さを感じます。



 
重量は約234gとややずっしりですが、携帯するには全く問題ない重さです。

NovaPort TRIO 140W3C

Apple 140W USB-C電源アダプタ

 
単ポート接続だと各ポート最大140W出力に対応し、16インチMacBook Proふくめ、Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のように140W入力を要する超大容量モバイルバッテリーでも急速充電可能です。

128.8W入力を確認

 
2・3ポート接続時は出力自動振り分け機能「Nova Intelligence」に対応し、ノートPC + タブレットのセットなら100W + 30Wの出力、ノートPC同士なら67Wずつに分配されます。

MacBook / iPad Pro(88.9W / 25.0W)

MacBook x 2(65.3W / 64.2W)

 
さらに、ノートPCだけ3ポート接続したときは45Wずつに分かれ、超高出力充電器だけあり、無理なく全PCの充電をまかなえます。


50.1W / 44W / 14.6W

 
NovaPort TRIO 140W3Cは「ノートPC複数台でも同時充電できる3ポート充電器が欲しい人」におすすめです。

 

GaN採用の小型USB充電器ベスト10まとめ

本記事は、窒化ガリウム(GaN)採用のおすすめ充電器を紹介しました。

GaN採用モデルが出た当初は、サイズが小さいもののプラグが格納できなかったり、スリムなのに幅広で使いづらかったりと、技術が先行して実用面が少し欠けている感がありました。

しかしようやく、サイズ・重量・使い勝手がバランス良く仕上がり、本当におすすめできる製品が出揃ってきました。

マクリン
僕の愛用品はすっかりGaN品ですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
10位「Anker PowerPort Atom III Slim
約75 x 46 x 16mm 約57g 1(USB-C x 1) USB-C:最大30W
9位「Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)
約36 x 29 x 29mm 約38g 1(USB-C x 1) 最大30W
8位「Anker Nano II 65W
約44 × 42 × 36 mm 約112g 1(USB-C x 1) 最大45W
7位「Anker 323 Charger (33W)
約35 x 35 x 40mm 約56g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大33W
USB-C:最大33W
※ポート合計32W(20W+12W)出力
6位「CIO NovaPort SLIM 65W
約85 x 47 x 14 mm 約110g 2(USB-C x 2) USB-C(1):最大67W
USB-C(2):最大67W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W)出力
5位「Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)
約66 × 38 × 29mm 約124g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-A:最大22.5W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計65W出力
4位「CIO NovaPort TRIO 65W3C
約43 x 28 x 59mm 約92g 3(USB-C x 3) USB-C:各ポート最大67W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W + 20W / 30W + 30W + 5W)出力
3位「Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)
約80 x 43 x 32mm 約197g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計120W出力
2位「Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)
約60 x 42 x 39mm 約178g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計100W出力
1位「CIO NovaPort TRIO 140W3C
約63 x 69 x 29.5mm 約227g 3(USB-C x 3) USB-C:各ポート最大140W
※ポート合計142W(100W + 30W / 67W + 67W / 67W + 45W + 30W / 45W + 45W + 45W)出力
【決定版】MacBook AirとProの代用充電器のおすすめをまとめてみた! 100W対応の充電器はどれがおすすめ?ポート別に最小モデルを紹介する iPhoneにおすすめの充電器はどれ?用途別にベストなモデルを紹介する 【超急速充電】25W/45W出力のPPS対応充電器のおすすめ9モデルを紹介する 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】

6 COMMENTS

りん

マクリンさん

まだクラファンだけでしたがcioから恐ろしく小さい
65w 4ポートが発売されましたよ。

ravpower 61wとほぼ同サイズでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です