新生活セールのおすすめ

【超大容量】20000mAhモバイルバッテリーのおすすめ5選【小型・最軽量モデルも】

どうも、100台以上のモバイルバッテリーを所有するマクリン( @Maku_ring)です。

数あるモバイルバッテリーの中でも、ノートPCやiPad Proの充電まで視野に入れるなら、出力の高いPower Delivery(PD)対応のUSBタイプC(USB-C)ポート搭載モデルでなくてはなりません。

また、バッテリー容量も重要で、MacBookの容量が約20,000mAhであるため、20,000mAhクラスであることが求められてきます。

そこで本記事では、20,000mAhクラスの超大容量モバイルバッテリーでもおすすめの5製品にしぼって紹介します。

本記事のリンクには広告がふくまれています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

おすすめの20000mAhモバイルバッテリー5選

一見同じに見える、20000mAhの超大容量モバイルバッテリー。

ですが、それぞれ異なる特徴を持っています。

それでは数あるモバイルバッテリーから、僕も愛用している「おすすめの20000mAhモバイルバッテリー」にしぼってご紹介します。

製品名 バッテリー容量 ポート 重量 タイプ PD対応
Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)
20,000mAh PD対応USB-C x 2(18入力20W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計18W出力
約476g 通常タイプ
Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
20,000mAh PD対応USB-C(18W入力20W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計15W出力
約346g 通常タイプ
Anker Power Bank (20000mAh, 22.5W, Built-In USB-C ケーブル)
20,000mAh PD対応USB-C / 内蔵ケーブル(20W入力22.5W出力)
USB-A(22.5W出力)
※ポート合計15W出力
約345g ケーブル内蔵タイプ
CIO SMARTCOBY TRIO 65W
20,000mAh PD対応USB-C x 2(65W入出力 x 1 / 65W出力 x 1)
USB-A(12W出力)
※ポート合計95W出力
約392g 通常タイプ
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
20,000mAh PD対応USB-C x 2(100W入出力 x 2)
USB-A(65W出力)
※ポート合計200W出力
約540g 通常タイプ
Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)
24,000mAh PD対応USB-C x 2(140W入出力 x 1 / 140W出力 x 1)
USB-A(18W出力)
※ポート合計140W出力
約632g 通常タイプ
Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)
27,650mAh PD対応USB-C x 2(140W入出力 x 2)
USB-A(65W出力)
※ポート合計250W出力
約665g 通常タイプ

 

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)は、20,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)は20,000mAhの超大容量モバイルバッテリー
 
サイズは約167 × 83 × 24 mmとややゴツめで、同クラスのCIO SMARTCOBY TRIO 65Wと並べるとこんな感じです。

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)のサイズは約167 × 83 × 24 mm

 
重量は約481gと重め。

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)の重量は約481g
 
USB-CはPPS非対応ではあるものの、最大20W出力に対応し、スマホの急速充電が可能です。

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)は最大20W出力に対応

19W出力を確認

 
バッテリー本体の充電もUSB-Cからでき、最大19W入力が確認できました。


 
本体充電しながらのデバイス充電には対応していません。

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)はパススルー充電非対応
 
2ポート・3ポート接続時は最大18Wに制限され、スマホの急速充電は厳しいものの、スマホ x 2台 + イヤホンみたいな組み合わせなら3台同時充電も可能です。

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)は3ポート合計最大18W出力対応

iPhone / AirPods / Galaxy S21(8.6W / 6.5W / 2.9W)

Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)は「スマホ用の超大容量モバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

 

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W」は、20,000mAhのモバイルバッテリーです。

モデル名にEssentialとあるとおり、日常に取り入れやすい「必需品」をテーマに開発しています。

Essential
必要不可欠な,必須の
 
20,000mAhは、iPhoneなら5回以上、iPad Proも約2回充電できる充分すぎるバッテリー容量です。

Anker PowerCore Essential 20000 PDのバッテリー容量は20,000mAh
 
サイズは約158 x 74 x 19mmと、バッテリー容量なりの大きさがあります。


 
とはいえ、他の20,000mAhクラスバッテリーが厚み20mmを超える中、Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W19mmとひときわスリムで業界最薄。

Anker PowerCore Essential 20000 PDの厚みは20,000mAhクラスの中でもひときわスリム

一番下がPowerCore Essential 20000 PD

 
重量は342gと20,000mAhクラスでも最軽量クラスをほこります。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20Wの重量は約342g

マクリン
350ml缶1本分の軽量設計!

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20Wは、Ankerの20,000mAh帯バッテリーとして初めて、PD対応USB-CとPowerIQ 2.0対応USB-Aの2種類をそなえたモデルです。

Anker PowerCore Essential 20000 PDはPD対応USB-CとPowerIQ2.0対応USB-Aの2種類を搭載
 
USB-Cは入出力の機能を持ち、本体充電にも対応しています。

Anker PowerCore Essential 20000 PDのUSB-Cは入出力に対応
 
Anker PowerPort Atom III Slim」のようなPD対応USB充電器でバッテリー本体を充電することで、最大18Wまでの入力が可能であり、約6.5時間でフル充電が完了します。

Anker PowerCore Essential 20000 PDは最大18W入力に対応

17.2W入力を確認

注意
PD非対応の充電器で本体充電を行うと、20時間以上かかる場合があります。
 
またUSB-Cは最大20W出力のデバイス充電にも対応し、Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルとの組み合わせでLightning端子のiPhoneにも充電できます。

Anker PowerCore Essential 20000 PDはAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルとの併用でiPhone充電可能
 
MacBookなど一部のノートPCでも充電可能な値です。

Anker PowerCore Essential 20000 PDはMacBookも充電可能
 
フルスピード充電ではありませんが、ちょうど最大値である20W近くの出力(通常充電)を確認することができました。


 
デバイス充電用にはPower IQ 2.0対応のUSBタイプA端子が付いています。

Anker PowerCore Essential 20000 PDはPowerIQ 2.0対応USB-A搭載

Anker独自技術「PowerIQ 2.0」とは平たく書くと「Quick Charge 3.0対応品ふくめ、デバイスに応じて最大20Wまでの適切な電流値で充電する機能」です。

マクリン
すなわち、どのデバイスにも最適な電流を流せるということ!

スマホ(iPhone)とタブレット(iPad)で確認したところ、急速充電に必要な電流量が供給されていました。

スマホ(1.31A)

タブレット(1.72A)

急速充電のアンペア数

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
2ポート接続時は、安全のため最大15W出力に制限されるものの、スマホとタブレットの2台同時充電が可能です。

USB-A:5.0W/USB-C:9.5W

 
軽量スリムにして超大容量。

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20Wは容量と使い勝手の両面ですぐれ、日常使いにも適したモバイルバッテリーです。

Point
  • 20,000mAhクラス最薄・最軽量
  • 最大24WのPD対応USB-C搭載
  • PowerIQ 2.0対応USB-A搭載
  • 最大30WのPD対応USB充電器付き

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20Wレビューはこちら

Anker PowerCore Essential 20000 PD 20Wをレビュー!PD対応USB-CとUSB-Aを搭載する超大容量モバイルバッテリー

Anker Power Bank (20000mAh, 22.5W, Built-In USB-C ケーブル)

Anker Power Bank (20000mAh, 22.5W, Built-In USB-C ケーブル)は、20,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。


 
ケーブルを内蔵し、そのまま使うとストラップ代わりに活用できて実用性は高いです。


 
内蔵ケーブルを輪っかを介して押し出すと、充電ケーブルとして使えるようになります。



 
サイズは約104 x 52 x 26mmと20,000mAhクラスではかなりコンパクト設計で、名刺ケースとほぼ同サイズにおさまっています。

 
重量は約345gで、同クラスの中ではかなり軽め。


  
内蔵ケーブル・USB-Cポートともに最大22.5Wに対応し、スマホ・タブレットまでなら問題なく急速充電可能です。



注意
ノートPCの充電には使えません。
 
サイドバーを引き出すことでスマホスタンドでも使えるので、スマホを立てかけながらの充電も無問題モーマンタイ


 
パススルーにも対応し、内蔵ケーブルもしくはUSB-Cポートで本体充電しつつ、もう一方でデバイス充電も可能です。


 
2・3ポート同時使用時は最大15W出力に制限され「スマホ + イヤホン」くらいがおすすめ。

Anker Power Bank (20000mAh, 22.5W, Built-In USB-C ケーブル)は「ケーブル内蔵のスマホ向け超大容量モバイルバッテリーが欲しい人」におすすめです。

 

CIO SMARTCOBY TRIO 65W

CIO SMARTCOBY TRIO 65W」は、20,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wは20,000mAhの超大容量モバイルバッテリー
 
USB-Cの1ポート接続時は各ポート最大65W出力、USB-Aは単ポート最大12Wですが、複数ポート接続時に高出力・低出力側が決まっているので注意ください。

USB-C 1 USB-C 2 USB-A Total
65W 65W
65W 65W
12W 12W
30W 65W 95W
65W 12W 77W
65W 12W 77W
18W 65W 12W 95W

 
表面はしっとりした手触りの良い表面加工が施され、モバイルバッテリーらしからぬ質感をたたえています。


 
側面の電源ボタンを押すと、前面のドットLEDが点灯し、バッテリー残量をデジタル表示してくれます。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WのドットLEDによるバッテリー残量表示
 
サイズは約149 × 71 × 26 mmで、ちょうど長財布くらいの大きさです。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wのサイズは約149 × 71 × 26 mm
 
同クラスのモバイルバッテリー「Anker PowerCore III 19200 60W」と比較すると、少しコンパクトに仕上がっています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65WとAnker PowerCore III 19200 60Wのサイズ比較
 
重量も約392gとずっしり。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wの重量は約392g
 
最大65W入力に対応し、約1時間40分でフル充電可能です。

CIO SMARTCOBY TRIOは最大65W入力に対応

61.8W入力

注意
本体充電対応はUSB-C1ポートのみです。
 
USB-Cはどちらも最大65W出力に対応し、13・14インチMacBook Proであれば急速充電可能です。

CIO SMARTCOBY TRIOは最大65W出力に対応

MacBook Pro(63.3W)

 
パススルー充電にも対応し、USB-C1で本体を充電しながらUSB-C2でデバイス充電といったこともできます。

CIO SMARTCOBY TRIOはパススルー充電に対応

61.6W入力 / 10.4W出力

 
PPSにも対応しているので、Galaxy S21のようなPPS対応スマホであれば超急速充電に対応しています。

CIO SMARTCOBY TRIOはPPS対応

Galaxy S21(20.1W)

 
USB-C 2ポート接続時は合計最大95W出力(USB-C1:30W + USB-C2:65W)に対応し、なんとMacBook AirとProの2台同時充電までできちゃいます。

CIO SMARTCOBY TRIOは2ポート接続時に合計最大95W出力対応

MacBook Air / Pro(27.8W / 52.4W)

ただし、高出力側と低出力側のポートは決まっているので注意ください。
 
3ポート接続時も合計95W出力(USB-C1:18W + USB-C2:65W + USB-A:12W)であり、13・14インチMacBook Proを充電しつつ、スマホ・イヤホンを同時充電するといったことが可能です。


MacBook Pro(63.1W)

 
CIO SMARTCOBY TRIO 65Wは「ノートPCも複数台充電できる超大容量モバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wレビューはこちら

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wをレビュー!最大95W出力でPC2台同時充電できる20,000mAhのモバイルバッテリー

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、MacBook 約1回分・iPhone 約4回分の充電に相当する、20,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。


 
底面には充電端子のポゴピンがあり、専用充電スタンド「Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank」との組み合わせで、バッテリー本体の接触充電(置くだけ充電)が可能です。


 
前面上部にはAnker 737 Power Bankのようなスマートディスプレイを搭載し、電源ボタンを押すとバッテリー残量が確認できます。


 
電源ボタンを押すたびに「バッテリー残量」 「状態(劣化状態・使用回数・温度)」 「オートスクリーン」と切り替わっていきます。




 
入出力時は各ポートからの電力情報を分かりやすく示してくれるので「しっかり充電されてるのかな?」を確認したい人には垂涎モノの機能です。


 
サイズは約127 x 55 x 50mmと500mlペットボトルくらいで、バッテリー容量なりの大きさがあります。


(中)Prime Power Bank /(右)737 Power Bank

 
重量は約526gとそれなりに重いものの、Anker 737 Power Bankよりはいく分軽くできています。

Prime Power Bank

737 Power Bank

 
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は、2つのUSB-Cポートから最大100Wで本体充電可能です。


注意
Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)のように100W対応充電器が別途必要です。
 
さらに「Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank」との組み合わせで、ケーブルを使わず本体充電もできちゃいます。


 
ポゴピンの使用感はかなり良く、テキトーに置くだけでもピタッと吸い付いてモバイルバッテリーの急速充電が開始し、数秒足らずで最大100W入力に到達しました。


 
パススルー充電にも対応し、本体充電とデバイス充電を同時に行えます。

注意
パススルー充電を利用するためには、モバイルバッテリー本体へ20W以上の入力が必要となります。
 
USB-C1・C2ともに単ポート最大100W出力に対応し、14インチMacBook Proふくめた100W対応ノートPCの急速充電までサポートしています。


 
USB-Cの2ポート接続時は各ポート100Wずつの合計最大200W出力に対応し、なんとMacBook Proの2台同時充電もできるハイパワーぶり。


 
3ポート接続時も合計最大200W出力(100W + 60W + 40W)であり、ノートPC x 2台 + スマホ(タブレット)の3台同時充電は十分可能です。

マクリン
これだけ大容量で高出力だと、充電デバイスを選ばないから使いやすい!

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)は「ノートPCを複数台充電できる超大容量モバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

 

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は、MacBook 約1回分・iPhone 約5回分の充電に相当する、24,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は24,000mAhの超大容量モバイルバッテリー
 
上部にはスマートディスプレイを搭載し、通常のモバイルバッテリーよりも細かな情報を確認できるようになっています。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のスマートディスプレイ
 
充電時はこのように各ポートの入力と出力、それからフル充電までに要する時間が表示されます。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の充電時のスマートディスプレイ
 
サイズは約156 x 55 x 49 mmとメガネケース・長財布くらいの大きさで、けっこうゴツめ

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のサイズは約156 x 55 x 49 mm

 
重量は約632gとかなりずっしりしています。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の重量は約632g
 
USB-C1はなんと最大140W入力に対応し、既存のモバイルバッテリーでも最高入力での本体充電が可能です。

Anker 737 Power Bankは最大140W入力に対応

注意
ケーブル・充電器ともに140W以上に対応してないと、140W入力は不可能なので注意ください。
 
パススルー充電にも対応し、USB-C1で本体を充電しながらUSB-C2でデバイス充電といったこともできます。


Anker 737 Power Bankはパススルー充電対応
 
USB-C1・C2ともに単ポートなら最大140W出力に対応し、MacBook Pro(16インチ、2021)の急速充電すらカバーできる超高出力です。

Anker 737 Power Bankは最大140W出力対応

MacBook Pro(93.9W)

注意
MacBook Pro(16インチ、2021)へは、本製品をUSB-C to MagSafe 3ケーブルで接続した場合のみ、140Wで出力が可能です。
 
2・3ポート接続時も合計140W出力であり、60WクラスのノートPCを2台充電しつつ、スマホ・イヤホンを同時充電するといったことも可能です。

Anker 737 Power Bankの3ポート接続時は合計最大140W出力対応

 
Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は「ノートPCも複数台充電できる超大容量モバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)

Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)は、MacBook 約1回分・iPhone 約5回分の充電に相当する、27,650mAhの超大容量モバイルバッテリーです。


 
こちらもスマートディスプレイを搭載し、側面の電源を押すたびにバッテリー残量やBluetoothの切り替えなど、さまざまな設定・情報を表示してくれます。



 
サイズは約162 x 57 x 50mmと500mlペットボトル並みに大きく、同社の20,000mAhクラスでも最大の大きさ。


(右)Prime Power Bank 20000mAh /(左)737 Power Bank

 
重量は約665gとなかなか重め。


 
本機はなんと、Anker公式の「Ankerアプリ」とも連携できるようになっています。

Anker

Anker

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

マクリン
モバイルバッテリーでスマホアプリ連携は画期的!

アプリはグラフィカルでかなり分かりやすく、例えば本体充電時はバッテリー残量が回復する表示とともに「どのポートから何ワット入力しているのか」と「満充電までに要する時間」が表示されます。


 
複数ポートからの充電時も、各ポートごとに出力ワット数を細かく表示してくれるので「しっかり充電されてるのかな?」を確認したい人には欠かせません。


 
2つのUSB-Cポートからは最大140WAnker Charging Base (100W)からは最大100Wで本体充電可能です(両者の組み合わせで最大170W入力も可能)



 
パススルー充電にも対応し、本体充電とデバイス充電を同時に行えます。



 
2つのUSB-Cは単ポート最大140W出力にも対応し、16インチMacBook Proふくめた140W対応ノートPCの急速充電までサポートしています。


 
3ポートつないだときも140W + 92W + 18W(合計最大250W出力)であり、ノートPC2台にスマホの組み合わせでも無理なく同時充電できます。

マクリン
Anker最上位のモバブだけありますね!
 

おすすめの20000mAhモバイルバッテリーまとめ

本記事は20000mAhモバイルバッテリーのおすすめを紹介しました。

ひとえに大容量モバイルバッテリーといっても、USBポートの数・出力・急速充電器やUSBハブ機能の有無など、その特徴はさまざまです。

用途とデバイスに合わせて、最適なモバイルバッテリーを見つけてください。

なんなら僕みたいに複数台所有するのもアリですw

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名 バッテリー容量 ポート 重量 タイプ PD対応
Anker 335 Power Bank (PowerCore 20000)
20,000mAh PD対応USB-C x 2(18入力20W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計18W出力
約476g 通常タイプ
Anker PowerCore Essential 20000 PD 20W
20,000mAh PD対応USB-C(18W入力20W出力)
USB-A(18W出力)
※ポート合計15W出力
約346g 通常タイプ
Anker Power Bank (20000mAh, 22.5W, Built-In USB-C ケーブル)
20,000mAh PD対応USB-C / 内蔵ケーブル(20W入力22.5W出力)
USB-A(22.5W出力)
※ポート合計15W出力
約345g ケーブル内蔵タイプ
CIO SMARTCOBY TRIO 65W
20,000mAh PD対応USB-C x 2(65W入出力 x 1 / 65W出力 x 1)
USB-A(12W出力)
※ポート合計95W出力
約392g 通常タイプ
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
20,000mAh PD対応USB-C x 2(100W入出力 x 2)
USB-A(65W出力)
※ポート合計200W出力
約540g 通常タイプ
Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)
24,000mAh PD対応USB-C x 2(140W入出力 x 1 / 140W出力 x 1)
USB-A(18W出力)
※ポート合計140W出力
約632g 通常タイプ
Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)
27,650mAh PD対応USB-C x 2(140W入出力 x 2)
USB-A(65W出力)
※ポート合計250W出力
約665g 通常タイプ
【2024年】モバイルバッテリーのおすすめを徹底比較【PD・大容量・Qi対応・薄型】 【大容量】10000mAhモバイルバッテリーのおすすめ9製品! 【2024年】iPhoneにおすすめのモバイルバッテリー7製品!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です